大坂なおみさんとMr. Murasaki guy

全米オープンテニスで大阪なおみ選手が優勝したのだが、その優勝セレモニーが物議を醸していた。さっそくそのときの映像を見てみると、これが予想以上にひどかった。せっかく優勝したのに、あのブーイングはないでしょう(;;)

いたたまれず、サンバイザーのつばを下げて涙をみせないようにして泣いている姿がかわいそうで。

でも、その後がもっとひどい。なんと、全米テニス協会会長がスピーチでセリーナに向かって「これは皆が求めていた結果ではない」だの、「セリーナはチャンピオンの中のチャンピオン」とか言い放ったのだ。

It’s not the finish everyone looking for today

You are a champion of the all champions

英語の聞き取りは得意じゃないけど、でも上記のようなことを言っていたと思う。

 

これは泣くよ。「セリーナこそチャンピオンだ!」という意味であろう観客からのブーイングで涙を流した大阪選手に、とどめの一撃だと思った。だって、会長も暗に、「みんな本当はセリーナに勝ってほしかったんだけどね。試合は負けたかもしれないけど、真のチャンピオンはセリーナよ」と解釈できるような宣言をしたんだから。

そのときの二人の表情が対照的。

セリーナは満足そう。なおみは悲しそう。

司会の男の人、気のせいかなおみに同情するような感じに見えたな。公平でなきゃいけないから、そこは気を付けていただろうけど。でもなおみに対して話しかけるとき、とても目が優しかった。気持ちわかる~。観客や会長からのあの仕打ちを目の前にしたら、なおみを心配せずにはいられなかっただろう。

でもなおみのスピーチは完璧だった。観客に謝ったけど、それは卑屈なものではなく。彼女の気持ちは、セリーナにも、応援した観客にも、十分伝わったと思う。その時点でみんな、ブーイングの愚かしさに気付いたはず。

涙をこらえながら、皮肉になるわけでも、理不尽さに憤るわけでもなく、ただ観客に感謝し、最後にセリーナへの感謝を述べたなおみ。セリーナも、セレモニー最初の方では複雑な思いもあったかもしれないけど、なおみの終始一貫した謙虚な態度に、それ以上エキサイトすることはなかった。気持ちも鎮まったみたい。

あのブーイングを受けていた時。大観衆の、天から降ってくるようなブーイングの中。なおみにとっては、まるで世界中が敵みたいに思えただろうけど。そのことに焦ることも、怒ることもなかったのは立派だったな。周りに流されず、周囲への敬意を忘れないこと。そうすれば、いずれみんな、わかるときがくる。

今回のことはばっちり映像に残ってしまったので。セリーナにとっては恥ずかしい過去になってしまった。試合中の審判への侮辱を見てると、この人は子供なんだなあって思う。負けたくない。負けたくないから駄々をこねる。

私はすっかり、大阪なおみ選手が好きになってしまった。用意されたのではない本音のスピーチがあれとは、なんていい子なんだ(^^)

その後日本へ来たなおみに、さっそく記者会見の場が設けられたのだが、これがまた面白かった!

大事にしている日本語や好きな言葉を聞かれて、答えがなんと「紫」で、その理由がGlass maskであり、Mr.Murasaki guy だと言うのです。通訳さんは「ガラスの仮面」はきちんと訳せたのに、Mr. Murasaki guyを「紫さん」と言いきったのが面白かった。

それ、明らかに速水さんのことだ~(^^) 正しくは「紫の薔薇の人」ですね。でも、なおみは rose って言葉はどこにも使ってなかったし、英語だとMr.Murasakiなのね。そして少女漫画に疎い通訳さんとしては、そう訳すしかなかったのか。微笑ましいです。「紫さん」である速水さんを思うと、笑えてきます。確かに、間違ってはいない。「紫さん」だもんなあ。

会場にいる記者の人も男性が多いせいなのか、「紫さん」にあまり反応していないのが印象的でした。これ、「ガラスの仮面」を知っている人が多い場だったら、なおみの回答で会場が一気に盛り上がったような気がします。

なおみ選手の、今後の活躍が楽しみです。

植物園で元気をもらう 今年の私的薔薇NO.1は『ジャルダン ドゥ フランス』

雨ですが、どんよりした気分で出かけてきました。ちょっと落ち込むことがあって。

まあ、人生いろいろですが、結局は自分で立ち直るしかないわけです。どうすべきか、次の選択肢を決めるのは自分。

薔薇の季節だし、毎年恒例の薔薇チェックに出かけることにしました。薔薇に元気をもらおう、という作戦です。

ただ、薔薇は妖しい花。気を許せば逆に、エネルギー吸い取られるかも?なんて考えも一瞬、こころをよぎり。用心しつつ、いざ薔薇の園へ。

私的2018年春の薔薇NO.1は、『ジャルダン ドゥ フランス』でした。

すっごい元気なサーモンピンクの花が、これでもかこれでもかと、元気いっぱいに咲いておりました(^^)

私には、高校生の女の子に見えたなあ。セーラー服着た女子高生の集団が、カメラ目線で笑顔で映ってる感じ。

まだつぼみも多くて、これから、という勢いがありました。葉もつやつやで綺麗。満開になるのは、2~3日後かな。他にもいろんな種類の薔薇がありましたが、この『ジャルダン ドゥ フランス』は一際目立っておりました。

それから、いつもチェックする『青龍』を見にいきます。咲いてませんでした…

そして株が弱々しくて、以前見たときからちっとも成長していない感じ。この土地に合わない品種なのかな、と。特別手をかけてもらっているだろうに、なかなか大きくなりません。

薔薇の園は、雨が降っているにもかかわらずとても賑やかでした。晴れた日には晴れた日の、雨の日には雨の、薔薇の良さがあります。華やかなバラの香りに誘われて、人の波は絶えることがありません。

たくさんの薔薇を見た後、少し疲れたな、と思い人気のない桜並木の方角へ。誰もいない道に、雨の音が響いています。小川の流れる音も聞こえます。水音は心を落ち着かせます。そこで思わずとった写真がこれ。

桜の幹を、苔が覆っているのです。神々しい光景でした。花ではないけど、とても美しいと感じて、見入ってしまいました。触れるのが畏れ多いような木肌でした。そうなるまでの年月も感じたし、苔は特別な、重々しい衣装のようで、誰もこないこの空間に、静かに佇む哲学者のようです。

誰に主張することもなく、でもなにかをじっと考えこんでいるように見えました。そんな桜の木が、延々と続いていました。

薔薇もきれいだったけど、心が癒されたなあと感じたのは、この桜並木の静寂の方でした。雨がまたよかった。葉や草に当たり、地面にしみこんでいく雨の音。ざわざわした心が静まっていく。ささくれた心を優しく撫でられたようで。

この植物園の園長さんの言葉を思い出しました。園長さんの講演を聞きに行ったことがあります。そのとき、こんなことをおっしゃっていました。

「植物には人を癒す力があります。落ち込んだとき、ここに来て、また元気になって帰ってもらいたい。植物園は、誰にとってもそんな場所になれたらいいと思っています」

まさに。でした。静かに、力が満ちた感じ。

その後、近所の温泉へ行き、お湯につかってさらなるエネルギーチャージです。温泉は大地の恵み。お風呂上りはベリーを数種類使ったスムージーを。

いつの間にか、元気が出ていました(^^)

さあ、今夜はゆっくり眠ろう。

2018年明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。2018年です。

初夢は元旦、もしくは二日に見る夢らしいので、31日から1日にかけた夢は初夢ではないかもしれないけど、私が今朝思い出したのはこんな夢でした。

果樹園にあったはずのハゼノキが、なくなっているのです。周囲は更地で、整地されていました。本当はビワや桃の木などもあったのですが、それもすべてなくなっています。でも私が気にしていたのは、ハゼノキのことだけでした。

夢の中、更地になった土地を見て、すっきりしたような、寂しいような気持ちになりました。

 

さて、元旦の今日、庭にチューリップの球根を植えました。アペルドーンとアプリコット・ビューティー。そして、ブルージャケットという品種のヒヤシンス。春が楽しみだなあ。

2018年の抱負ですが、今年は英語の勉強をがんばるということで、TOEICを受けます。年末までにどれくらい得点できるか、自分との勝負。スピーキングが苦手なので、そこもがんばりたい。年末、振り返ったときに、「日常会話なら大丈夫です」と自信をもって言えるのを目標にします。

そして、今年もやっぱり、自分の気持ちに正直に生きるということ。美しいもの、綺麗なものをたくさん見たいなあと思っています。自然の風景や、美術館、博物館、演奏会、などなど。刺激を受けて、また、たくさん文章を書きたいです。

今年もよろしくお願いいたします。

2017年を振り返る

あっという間に大みそかです。今年はどんな年だったかというと、自分の感覚に素直に生きることができた年ではないかと、そんな気がします。

自分の中の、「好き」という感覚を大事にしました。その結果、仕事の方向性も見えてきたかなあと、そんな感じです。

旅行もたくさん行きました。なんと伊勢神宮には3回です。12月には、念願の神宮会館に泊まって、憧れの早朝参拝にも参加しました。宿泊客を対象に、職員の方が1時間40分くらいかけて神宮内を案内してくれます。

これはとてもいい体験になりました! 冬の朝は寒いけど、でも空気がとても清々しい。最初に宇治橋の鳥居をくぐるときにはまだ辺りが暗いのですが、帰ってきたときには鳥居の上に太陽があり、その陽射しが温かいのです。日を体に受けて、太陽の恵を実感しました。

日中の参拝もいいですが、早朝の参拝はまた違った感覚でおすすめです。一人だと寒さでくじけそうな気持ちも、みんなで参拝すればなんだか心強い。

宿泊はやはり、神宮会館が一番いいなあと思いました。立地が最高です。目の前がおかげ横丁なので、お土産を買ったり、散策したりするのにも便利。

3月には金沢、山中温泉。7月には彦根城、9月には東京青山、11月には名古屋港、12月には三峯神社、結構いろんなところに出かけたなあ。

特に三峯神社は、2017年のうちに行きたいなと思っていた場所だったので、行けてよかったです。冬の凜とした、厳しく張りつめた空気が印象的でした。三峯神社には、夏よりも冬が似合う気がします。

今年やり残したことといえば、行きたかったレストランに行けなかったこと。思い入れが強すぎて、葛藤して行けなかった(^^; 行こうと思うと、どうしてもいろんな思いが渦巻いてしまい。普通にさくっと行けばいいのにね。過去の自分のあれこれを思ったり、怖気づいてしまいました。

まあ、今年は「自分の気持ちに素直になる」ことを目指していたので、迷うなら、行かなければいいと、そんなふうに吹っ切りました。2018年こそ行けるかなあ。行けそうならがんばって行ってきます。

夏には新車を買いました。つけてよかったナビとドライブレコーダー。特にナビに関しては、長距離を移動するのにとても助かりました。音声で案内してもらえるなんて、いい時代になったものです。ドライブレコーダーも、後から自分の運転を振り返ることができるので便利。もちろん、事故にあったときの安心感もありますしね。

私は車はできるだけシンプルに、アナログにしたかったのですが、ナビとドライブレコーダーは本当につけてよかったと思える機能でした。

あと、2017年に出会った製品で素晴らしかったのが、ランドリーマグちゃん。これは画期的製品ですよ~。世の中が大きく変わると思う。湯シャンを始めた私が、「洗濯の洗剤、もっとエコなの欲しいなあ」と思ってるときに出会いました。

興味ある方は、検索してみてください。要は、マグネシウムの入った袋を、水の入った洗濯機に入れるという、ただそれだけです。マグネシウムが水と反応して、アルカリイオン水ができます。

本当に洗浄力あるのかな?と思いつつ、購入して使ってみたところ、部屋干しのときに感じることのあった臭いが全然なくなりました。しっかり洗えてると思いますし、あと、洗濯機の中がすごく綺麗になった感じなのです。糸くずフィルターを外したときに、すみっこの方にカビみたいなのが見えて気になっていたのが、洗濯を何度もするうちに、どんどん薄くなっていきました。「ランドリーマグちゃん」を使うことで、排水ホースの中も綺麗になると書いてありました。排水ホースの中はのぞいてないのでわからないけど、この糸くずフィルターの周囲を見れば、排水ホースの中も同じことが起こっているであろうということが、想像はできます。

これは素晴らしい発見だと思いました。洗剤メーカーが怒っちゃうかもしれませんが、でも、大きな視点で見たら怒ってる場合ではないです。人間の未来にとって、素晴らしい発見ではないかと。もともとあったマグネシウムの、こんな働きに、気付いたことが偉い!

自分で実際使ってみて、良さを実感しました。ただ、注意点がひとつだけあって、水にマグちゃんを入れてから、ある程度の時間が必要だということです。すぐにはアルカリイオン水にならないから。私は少なくとも1時間はつけてから使ってますね。マグちゃんを水につけすぎて困るということはないので、気付いたら洗濯水を作っておくように心がけてます。

ランドリーマグちゃんが気に入ったので、その後、バスマグも買いました。前からいい入浴剤欲しいなあと思ってたのですが、化学製品が嫌で、なにか自然素材のものをと思っていたので、ぴったりでした。満足してます。

そして、2017年。忘れてならないのは膝の怪我です。忘れもしません。6月1日の早朝、私がゴミ置き場にゴミ捨てに行ったところ、カラスがいまして、ゴミを荒らしていたのです。2匹のカラスは私をちらっと見て、「まだ遠くにいるから大丈夫だな」という顔をして、エサ捜しを続けたのでした。

その姿を見て、これはいかん、人間の恐ろしさというものをカラスに教えなければ、この先もずっとゴミが荒らされてしまう、と思った私。猛然とダッシュしました。中学時代は陸上部で短距離を走っていたのです。スタートダッシュには自信があります。あっという間にカラスに追いつき・・・と思った瞬間、足がもつれて転びました(^^;

運動靴ではなかったのが悪かったのか、足が衰えていたのか、とにかく派手に転びました。靴も脱げました。きちんと両手をついたので頭や顔は無事でしたが、両膝、両手を強打。ものすごい音がして、カラスは吃驚し逃げていきました。

恥ずかしいので、私は何事もなかったかのように立ち上がり、靴を履き、落としたゴミ袋を拾って、涼しい顔で歩きましたけれども。家に帰ったらわりに傷口は深く。両手もそうですが、膝も、ズボンをはいていたにもかかわらずかなりの出血。

左膝の傷は、半年経った今も残っているほどです。でも、カラスは私の勢いが恐ろしかったのか、以降、すっかり姿を消してしまいました。よかった(^^) ゴミが荒らされることはなくなりました。

2017年は、親戚のおじいさんの入院も、大きな出来事でした。軽費老人ホームから、介護老人保健施設へ移りました。その間、高齢者の介護というものについて、いろいろ考えさせられました。

ひとつ思うのは、「死」が特別なものでない、ということです。人が生まれ、死んでいくことは当たり前のことで。その死に、無理に抗うということは、それこそが不幸ではないかと。

年をとって、できなくなることが一つ一つ増え、やがて死に至る。それは、とても自然なことなんだと思います。いかに自然に見送るか、というのが、幸せではないかと。

死は、寂しいけれど、とても自然なこと。死なない人間なんていないんですよね。いかに看取るか、私はそういう看取りができる施設を応援したいし、そういう施設こそ必要なのだと考えています。この話については、またいずれじっくり書きたいなあと思っていますが。

2017年、今年もいい年でした。ありがとうございました。皆さまもよいお年をお迎えください。

三峯神社参拝

今年のうちに、どうしても行きたかったのが三峯神社。でも、日々の忙しさに紛れて、いつの間にか12月。もう今年は行けないかな、と思っていた。

そんなとき、20年音信不通だった友人から実家に電話が入る。会おうという話になり、東京へ出かけることになった。どうせ東京へ行くのなら、三峯へ行こう。

池袋から、西武鉄道の池袋線に乗り、西武秩父駅へ。そこからバスで1時間半。平日だというのに、バスには15人くらい乗り込んだのが意外だった。人気あるんだなあ。

バスは座れたのでほっとする。山道をとことこと走っていく。途中、三峯口駅のそばで、狭い道で折り返す場面があった。運転手さんのプロ技に、思わず乗客の間から感嘆の声が上がった。

山は、紅葉のピークは過ぎていたけど、景色はすごく綺麗で、乗車時間を長いとは感じない。そして、運転手さんの技術が、とにかく凄い。こんなに大きなバスで、狭い山道を軽やかに、すいすい迷わず行くんだもの。スピードの出し方、緩め方、安全運転で、かつスムーズな進行。

途中で道の駅なんかもあったりして、寄り道したくなったけど我慢、我慢。一度降りたら、次のバスまで時間があるし、帰りが遅くなっちゃうから。神社は、なるべく早い時間に参拝したい。

すれ違いのできない狭いトンネルを抜け、いよいよバスは本格的に山を上る。ヘアピンカーブを通り、たどりついた駐車場には車がいっぱい。こんなに山奥で、道も大変で、平日で、それなのにこの人出。これはそれだけ、霊験あらたかということなんだろうか。

バスを降りて、さっそく拝殿へ向かう。途中、見た狛犬はオオカミ。こちらの神社は、お使いがオオカミなのです。狛犬のひとつひとつ、表情が違っている。訪れる人たちを、見定めている鋭い眼だ。

拝殿で参拝する前、混んでるといやだなあと思っていたけど、なぜか階段を上がるのは私ひとりで。人はそれなりにいるのに、ちょうど拝殿で参拝する人が他にいないという独占状態。ゆっくり参拝できた。でも、柏手を打ったとき、思ったより響かなくて、少し拍子抜け。

後は、境内をゆっくり散歩することにする。足の向く方へ、向く方へと気ままに歩いたら、えんむすびの木の案内表示がありました。そしてさらに奥へ歩いていくと、お仮屋という小さなお宮が。たくさんの犬?オオカミの像が印象的。

私は拝殿よりも、なんとなくこの、お仮屋の雰囲気の方が心に残りました。人影はあったけれど、それを感じさせないほどの静寂な空気。異世界に来たような感じ。歩いていてとても気持ちがよかった。一歩ごとに清められるようで、すがすがしい。

本当は温泉にも入っていきたかったけれど、帰りのバスが混むのが怖くて、早目のバスで帰りました。最後にパチリ。

ところがその日、帰りの電車で軽い頭痛。ホテルに着いたら頭痛はどんどん本格的になり、起きていられないほどでした。やっとの思いでシャワーを浴び、倒れるようにベッドへ。21時にはもう寝るというまさかの事態(^^;

次の日、目覚めたときにはすっかり回復していたのでよかったです。今年中の参拝が叶って、ほっとしました。

運転免許はもっと厳格な条件をつけるべき

雨の中、投票に行ってきました。私ひとりなら歩いていくのですが、高齢な母がいるので車で行ってきました。

ところが、投票所敷地内の駐車場が大渋滞です。どこかのおじいさんが運転する乗用車が、駐車場を出ようとする車をふさいで動かなかったので(^^;

もともと狭い敷地なので、おじいさんがとまっている場所で二台すれ違うのは無理です。ただ、おじいさんの車が少し先に進めば、ロータリーのようになっていて、ぐるっと回って駐車場には入れるのです。出る車、入る車、そのロータリー状のスペースを使えばいいのですが、おじいさんには最短の道しか目に入っていないらしく。

出ようとする私の車の前に立ちふさがって、指で、下がれ下がれと合図します。もしくは、下がれと言ったのではなく、自分はそちらに行きたいのだと言いたかったのかもしれませんが。

そうはいっても、私の車が下がったところで駐車場自体狭く、おじいさんが駐車するのに私の車が邪魔になってしまう。しかも、私の後ろには、同じく駐車場を出ようとする他の車が続いていて、私が下がるのは無理。どう考えても、おじいさんがロータリーをぐるっと回るのが最良です。

出る車が出なければ、駐車場は空きません。でもおじいさんは、どうしてもこの道を行きたいのだといって、出ようとする私の車をふさぐ。困りました。

仕方なく、私も手で、「ぐるっと回ればいけますよ」という合図をしました。するとそれが通じたのかどうか、おじいさんは先に進んでくれました。私もほっとしてやっと駐車場を出ることができたのですが、おじいさんが立ちふさがっていたため敷地内に渋滞が発生。その先のぎりぎりすれ違えるだけの幅の道を、ずらりと並んだ対向車にかなり気を遣いながら、運転することになってしまいました。空いてれば、対向車はないか、あっても一台くらいで、そんなに大変な道ではないのですが。

後から考えました。あれ、おじいさんが自分で気付いて先に行ってくれたからよかったけど、もしあのまま止まってたら、私が車を降りて説明にいかなきゃいけなかったんだろうなあ。大雨の中。

ロータリーといっても大きなものでなく、ほんの4メートル先にいけばすむ話なのに、おじいさんにはわからなかったんでしょう。助手席に座っているのもおばあさんだったので、同じく状況判断ができなかったと思われます。

こんなに状況判断能力が低下しているのに、まだ車を運転しているのはだめだと思いました。車は高速で走っているとき、一瞬の判断で切り抜けなければならないことが多いのに、これでは事故につながってしまう。ゆっくり考えても他車の妨害をするのに、瞬間の判断が正しくできるわけがない。

たまたま今朝、私が遭遇した一台の車ですが。全国で同じことが起こっているんだと思います。高齢者の運転は、もう一律年齢制限をかける時期にきているのではないだろうか。少し甘く見ても、80歳を越えたら免許を失効してもいいと思う。そうでないと、自分では気づかないまま危ない運転を続ける人が続出でしょう。一定の年齢を超えると、運転をやめる、という判断ですら、つかなくなってしまうのだと思う。

そもそも、運転免許自体、とても甘い取得条件ですね。高齢者に限らず、もっともっと基準を厳しくしていいのではないかと。たとえば、近頃話題になった高速道路のあおり運転、これは一度でも発覚したらもう一生免許とれないようにしないと。こういう運転をする性格は直らないから。一般道でも高速道でも、監視カメラをつけて、危険運転を徹底的に取り締まってほしいです。

よく、監視カメラをつけると個人情報が~と反対する人がいますが、きちんと運転してれば何も怖くないどころか、メリットしかありません。いつどこにいたのか、知られて困ることは別にないし。

何百キロの鉄の塊を高速で走らせるんだから、車は凶器。その自覚がない人に、運転する資格はないです。

運転免許の取得・更新を厳格にすること。喫緊の課題じゃないのかなあ。一度でも重大事故を起こした人は、二度ととれないようにするのは当たり前で。起こすには起こすだけの下地があったと思う。

そういえば高速で煽り運転のあげく相手を無理やり降車させて、そこに後続のトラックが突っ込んだ事故がありましたが。あれ、事故じゃなくて殺人ですね。それが殺人として裁けないなら、法律の方がおかしいし、新たに作らなきゃならない。

ちなみに私は、殺人事件の被害者が一人だと、原則、死刑が出ない状況はおかしいと思っています。一人の命が失われたら、むしろ原則は死刑ではないの?と。そこに、情状酌量やいろんなものが入ってきて、最終的な判断が下されるわけで。

車の事故は、不可抗力なケースももちろんありますが、事故を誘発する危険性をわかっていながら運転を続けたなら、その責任は非常に大きいと思います。

もっともっと、運転免許の取得と更新は厳格化してほしいです。

真夜中の非通知電話の主

先日、久しぶりに会う友人と、とあるレストランへ出かけた。お店を決めたのは私だったのだが、実はそこのオーナーシェフに会ってみたい、というのが理由だったりした(^^; 料理目当て、とかではなく、単純に見たかったんだよね、その人を。

その人は、昔私が短期のバイトをしたお店の社員さんで。その後、独立して自分のお店を持ったのだ。とても素敵な人で、私にとっては憧れの人で、尊敬してて。

その後もずっと、何かと思い出すくらい、私の中でインパクトを残した人だった。最初は行方を知らなかったけど、たまたまネットでお店のHPを見て、驚愕した。その人の写真があった。それからずっと行ってみたいな~と思っていて。ただ、実際に行く勇気がなかなか持てなかった。

友人との会話も楽しかったけど、お店で私はずっと、どこかで緊張していた。本当にあの人なのかなあという不安のような、期待のような。

ちなみに予約を入れずに行ったため、最初にお店に入ったときには満席で、店員さんに名前と電話番号を聞かれた。席が空いたら、電話してくれるという。一瞬迷ったけど、私の名前と電話番号を告げた。

まあ別に、私の名前を告げたところで店員さんとシェフは別人だし、シェフが私の名前を知ることはないんだけど。知ったところで、もう20年以上前のことを覚えているはずもないんだけど。もうその時点で冷や汗をかいてた。

どうしよう、もし覚えてたらなんだか恥ずかしいなあ。繁忙期の手伝いだったから、実質2週間くらいなのかな。一緒に働いたのは。考えてみれば、それだけの人を覚えてるわけないか。もし名前見たところで、なにも思い出したりはしないだろうなあ。

そして、40分くらい近くをぶらついていたら電話があって、私と友人はお店に戻り、おしゃべりをしつつランチを堪能。料理はさすがの美味しさでした。感慨深かったなあ。これがあの人の作った味なんだなあって。

お会計のときには、ちょうどシェフがレジのところに来て、ニコニコしながら私たちを送ってくださるというハプニングが! 顔見られるのが恥ずかしくて、ドキドキしました。あまり目も合わせられず。

まさか覚えてるわけないもんなあ。そんなはずないもんなあ。と思いつつ、帰りました。別に声をかけられることもなかったです。

そしてその日は何事もなく終わり…と思ったら、真夜中に謎の着信が。

スマホを見つめたまま、しばらく固まりました。非通知。このタイミングで真夜中の非通知って、もしかして?

瞬間的に、その人からかと思ってしまいました(^^; そんなわけないのになあ。いくら懐かしくても。こんな真夜中に電話を、しかも非通知でかけてくるような人じゃない。まあそれ以前に、私を覚えてるはずなんてない。

もちろん、私はそんな不審な電話に出るはずもありません。じっとスマホを見てました。電話は、ワンギリではなかったです。長いこと、というほどでもないけれど、明らかな意志を持って、一定時間鳴っていました。そして、ふっと鳴りやんで。静寂。

今でも考えてしまう。ただのいたずらなのか、間違い電話か。でも、今までそんな真夜中の非通知の電話なんてかかってきたことなかったし。その後も、2度とそんなことはなかったし。食べに行ったその日のタイミングでこれって。偶然というにはあまりにドンピシャすぎる。

ちょっとだけ。もしかしたらその人なのかなあ、と思ってみたりもするのです。でも夜中の迷惑電話、するような人じゃないしなあ。もう1回食べに行ってみようかな。今度はちゃんと目を合わせるから、そしたら、その人が私を覚えているかどうかわかるかな。

年内に、もう一度行ってみようと思います。

ゴミ置き場のマナー

我が家は今週、ゴミ置き場の当番である。当番は、ゴミの分別とゴミ置き場の清掃を担当する。

今日はビンや、かん、ペットボトルなど、資源物の回収日だった。当番は、朝6時に5色のコンテナを並べる。ゴミの種類によって、入れるコンテナの色がそれぞれ違う。

ゴミは8時30分までに出すことになっているから、8時30分になったら当番はゴミ置き場へ行き、分別を確認する。それぞれの色のコンテナに、間違いなくゴミが入っているかの確認だ。収集対象でないゴミが入っていると、業者の方はそのゴミを残していってしまう。その場合、当番はそのゴミをいったん持ち帰り、その種類のゴミが収集される日に、自分で出し直さなければならない。

前から思ってたことだけど、ゴミ収集のマナーが悪い人が多くてびっくり。いや、正確には、「多くて」というのは間違いかも。「一定数」のマナーの悪い人が、いつもゴミ置き場を汚すのだ。

私が8時30分にゴミ置き場に到着し、分別していると、立て続けに6人ほどの人がやってきた。時間を過ぎて出すことに対する申し訳なさ、みたいのは一切ない(^^;

そしてそのうちの一人は、すでにいっぱいになっているコンテナに、山盛りに入れようとして四苦八苦している。山盛りになってこぼれれば、道路を汚す。風が吹けば飛んでいってしまう。それ以上入らなければ、伏せておいてある予備のコンテナを出して入れればいいのに、面倒なのか山盛り。

「もう一つコンテナ出しますね」と声をかけて、私は予備のコンテナを出した。そして思った。

この人、当番がいなかったら、自分のゴミを出すだけ出して、コンテナに収まりきらない山盛りの汚い状態でも、構わずそのまま行ってしまうんだろうなあと。

ある男性が私に聞いた。

「割れたビンはいつ、どうやって出せばいいの?」

自分が出そうとしたビンが割れているので、私に聞いたみたい。すぐに、割れたビンの正しい出し方を教えてあげたけど、当番の私がいなかったら、きっと勝手に置いて帰ってしまったのだろう。当番がいるから、一応遠慮して、置くのをやめて聞いたみたいだ。

私は内心、この男性がゴミを捨てにきたときに居合わせてよかった~と胸をなで下ろしていた。知らない間に割れたビンなんか捨てられていたら、分別にどれだけの手間がかかっただろう。危険だしなあ。

その男性は、車でゴミを何種類も持ってきていた。5分以上うろうろゴミ置き場をさまよい、色別コンテナをそれぞれのぞきこんで、どこに何が捨てられているかを見ながら、迷いながらゴミを放り込んでいく。じっと見ているのも失礼かと思って、ずっと見ていることはなかったけれど、私は内心イライラした。さっさと分別して家に戻りたいのに、時間過ぎて捨てにきている人たちのせいで、なかなか帰れない。

結局、6人ほどの人が、決まりの時間を過ぎて入れ替わり立ち代わり捨てていったのだけれど、その後をチェックしたら予想通りというかなんというか、非常に汚い(^^;

やはりルールの時間過ぎて平気で捨てにくる人は、捨て方が間違っていることが多いのだ。きちんとした人は、ちゃんと時間内に捨てるので。

今日は資源ごみの日なので、中身をきれいにすすいだものしか捨ててはいけないのに、食品の汚れがそのまま入ったビンがいくつか捨てられていた。これは回収されないので、仕方なく私が自分で持ってきた袋に入れて、家に持ち帰る。後日、燃えないゴミの日に出さなくてはならない。

うちは一戸建てなので、持ち帰ったゴミを屋外に保管しておけるのでいいけど、マンション住まいの人は、ゴミ当番のときでも違法ゴミを持ち帰らないことが多い。(さすがに部屋やベランダに、人のゴミを置くのは衛生上ためらうもんね)。そうすると、ゴミ置き場にいつまでもゴミが置きっぱなしで、そういうゴミはどんどん増えていく。

不思議なもので、ゴミはゴミを呼ぶんだよね。ゴミ置き場が汚かったり、違法ゴミが置きっぱなしになっていると、どんどん違法ゴミが増えていく。私は自分がゴミ当番のときは小物の違法ゴミは全部引き取って、きれいに片付けて次の当番に引き継ぐけど。

なにも違法ゴミが置かれていないゴミ置き場は、たいてい綺麗なまま次の収集日を迎える。マナーの悪い、ところかまわず捨てる人も、綺麗なところに自分が一番乗りで何かを捨てるのは、気がとがめるらしい(^^;

我が家がいつも使うゴミ置き場は、近所のおよそ70世帯が使う大きなもので、使う人が多い分、当番がまわってくるのはだいたい9ヶ月に1度。当番は1週間を2世帯で担当する。

小さなゴミ置き場だと、当番がまわってくる間隔は頻繁だけど、その分みんな顔見知りで、あまり常識外れな捨て方はないのがいいところ。うちのように、70世帯以上が使う場所の場合、顔がわからないのをいいことに、けっこういい加減な捨て方をする人が一定数いて悲しい。

そして、おそらくある一部の人は、近所の人ではなく、遠くに住んでいる人だ、そこも問題。本当は、ここに捨ててはいけないけれど、車をとめやすい大きな道路沿いだからとか、そういう理由で来ている。そして、そういう人ほどいい加減に捨てていく。

本当は、会社など、事業で出たごみは別の回収で、このゴミ捨て場に捨ててはいけないんだけど、堂々と近所の会社の車で捨てに来てた、若い女の子もいたなあ。それも、8時半までという時間を守らずにやってきて、45リットル2袋ぶんという大量のペットボトルを置いていった。コンテナはまたも足りなくなり、私が予備を出した。45リットルの袋ごと置いていこうとしたので、「私は今日ゴミの当番なんですけど、袋は持ち帰ってくださいね」と声をかけた。今日は資源ごみだから、袋のままだしてはいけないのだ。

会社に言われて、仕方なくやっているんだろうけど、住民からしたらたまったものではない。当番が8時30分の締め切りの時間に来て、しっかり分別した(違法なものは持ち帰り)その後に、続々とそういう、ルール破りの輩がやってきて、勝手な捨て方をする。そしたら、業者の回収後、違法ゴミとしてごみ置き場に残されてしまうものが出てきてしまうではないか。それに、コンテナの中にちゃんと置いたペットボトルは風に飛ばされにくいけど、山盛りで放置されたら少しの風でも飛ばされたり崩れたりしてしまう。

8時30分のゴミ出し時間を絶対に厳守せよとまでは言わないけど、当番はその時間にきちんと分別、整頓をするんだから、その後に出すときはよくよく気を付けて、業者が収集できないような違法な出し方は、してはいけないと思うんだよね。

なんのかんので8時30分の締切時間後、6人ほどの人たちが入れ替わり立ち代わり、マナーの悪い出し方をしたので、私は結局、ごみの収集車がくるまで、1時間近くその場で待機していた。この後もぞくぞくと、そういう輩が来るんじゃないかと思って(^^;

一台、ゴミ置き場近くに停車しようとした車がいて、たぶんゴミを捨てようとしたんだろうけど、私がいるのを見て、去っていった。通りすがりに捨てるには、ちょうどいい場所なんだろうね。いつもやっているんだろうけど、今日は人がいたから、遠慮したのか。まあ、実際のところは別に確かめたわけではなく、わからないけれど。

1時間、収集車を待つ間、ゴミ置き場におけるマナーの悪さを考えていた。なんとかならないかなと思って。きちんとルールを守って捨てている人がほとんどだけど、ある一部の人たちはたぶん毎回、勝手なことをやっている。そしてその後始末は、まじめな誰かの仕事となる。

本当は、当番がずっとゴミ置き場に立って、ゴミ出しをチェックすべきなのではと感じた。管理する人がいれば、変な捨て方はしないから。誰が捨てたのかもわからないゴミを、違法ゴミで収集されなかったからといって、いくら当番だからといって、持ち帰るのは正直、嫌なんだよね。かといって持ち帰らなければ、違法ゴミはどんどん増えるし。

住民が当番でそこまでやるのが負担なら、お金を出して人を雇うのも手だと思う。1世帯当たり月に2000円出せば、70世帯で月に14万円。人が雇える。この金額できれいなゴミ置き場が手に入り、気持ちよく暮らせるなら、安いものだと思うし、そういう話があれば私なら喜んで賛成する。

ただ、まあ、本来はお金で解決とかじゃなくて、自分たちのゴミ置き場くらいは、自分たちの手できれいにすべきだとは思う。自分が捨てるものだもんね。当番で苦労すれば、捨て方にも気を遣うようになるもんだと思うけど、マナーが悪い人はそもそも当番が回ってこない遠くの人(そこに捨ててはいけない人)だったり、当番回ってきてもなにもしない、無視して次に回すだけの人なのかもなあ。

集団回収は効率的だけど、各家ごとの、個別回収というのにも憧れる。それぞれが、それぞれの家の前に出せばこれは自己責任。もし違法な出し方をして回収されなくても、自己責任で自分の家の前に放置されるだけ。

以前、他県に住むいとこAと話したとき、その子の住んでいる地区では戸別収集をしているということを聞いて、うらやましく思った。燃えるごみは、それぞれ自分の家の前に出せばいいらしい。ビンやカンなどは、指定日に指定場所に当番がずっと立っていて、出すのをチェックするとのこと。だから違法に出されたゴミが放っておかれることもないし、当番が残された違法ゴミを持ち帰る、なんてこともないそうだ。

きちんとルール通りにゴミ出しをする、ということ。そんなに難しい話では、ないと思うんだけどなあ。

きれいに暮らす、ということは大切なことで。

自分の家を清潔に、整頓して暮らすのは勿論のこと。近所の、ゴミを出させてもらう不浄になりがちな場所は、汚くなりやすいからこそむしろ、自分の家以上に気を遣うべきだと思う。

自分の家さえきれいならいい、汚いゴミが、自分の家からなくなればそれでいい、ということではなく。

自分が使わせてもらっているゴミ置場は、自分の家以上にきれいにしたいなあと思う。

あと何度、桜を見るのだろう

桜は恥ずかしがり屋の花だと、どこかの本で読んだ。そう言われてみると、確かに、うつむいて少し体を傾け、必死にこちらの視線を外しているようにもみえる。まるでどんな賞賛の声も、聞こえないように、見えないようにと。

そして、桜はまた、ネガティブな気を持った花らしい。確かに、陰と陽で言えば陰なんだろうな。

明るい陽射しの下で見る満開の桜は素晴らしい。あまり人が来ない場所でみる桜は、ひときわのびのびと、素直な姿で寛いでいるように見える。人目に触れないから、リラックスしているのかな。今年はまた、素敵な場所をみつけてしまった。

人がほとんど来ない。静かな場所。そこに座って、ぼんやりと桜を眺めていた。ときどき、風が吹くと花弁が舞った。

思い出すのは、もう何年も前の、新宿御苑の光景だ。私はその近くの英会話学校に通い、帰りは新宿御苑で、習ったフレーズをぶつぶつと呟いて、復習に勤しんでいた。

桜が咲き始めるとそわそわして、一度は見ないと落ち着かない。2017年、今年も無事に、花見をすることができてよかった。

2017年明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

年末にはもっと更新しようと思っていたのに、いつのまにかお正月の三が日が過ぎてしまったという(^^;

月日の流れは早いものです。小学生の頃は、1年がとんでもなく長くて、5月くらいにお正月のことを思ったとき、遥か彼方の、とんでもなく先の出来事のように思えて、そのときの気持ちがとても印象深く、今でも覚えているのですが。

今、1年が早いです。あっという間。

2016年は、思いのままに生きる、というのを実践してみた年でしたが、結果どうだったかというと。思いのままって難しいなーと感じました。やはり、生きているといろいろしがらみがあったり、役割があったりで。面倒くさくてもやらなくてはいけない仕事も、けっこう多くて。

そういうのを一切放棄して、仙人のような暮らしをするわけにもいかず。やはり、人間社会の中で暮らす以上、最低限、自分の果たすべき役割というのは、ありますから。

ただ、そういう中で、自分の選択が許される範囲では、実践することができました。「感情に素直に従うこと」、です。

それで、何を思ったかというと、感情もそうですが、流れに沿うといろんなことが上手くいくなーと感じました。なにかしようとしたときに、障害が多発したら無理をせず諦めて、別の道を選ぶのです。そうすると、スムーズに流れる。最初の道より、案外こっちの道の方がよかったんじゃないか、みたいなことが多い。

あと、2016年に確信したこと。私、体質的に牛肉が苦手みたいです。去年、素敵なレストランでいいお肉を食べる機会が2度ありました。そのとき、味はもちろんおいしいのですが、その後で、どうも調子が悪い。体が、肉を受け付けない感じなのです。昔はそんなことなかったんだけれど。

今年、2017年に実践しようと思っていることは、やっぱり、「自分の感情に素直に生きる」ことです。このブログも、書きたいと思った時に書きたいことを、どんどん書いていきたいと思っています。今年もよろしくお願いいたします。