『女神の恋』~小田龍之介の魅力はどこにあるか

前回『新金色夜叉』の話を書いたので、今日は『女神の恋』の話を書こうと思います。私が今まで見たドラマの中で、どれだけ嵌ったかの順位をつけると1位は女神、2位が新金色なのです。なんといってもこれ、私が、俳優山口祐一郎さんのファンになるきっかけになったドラマなのです。

以下、ネタバレ有で書きますので、このドラマを未見の方はご注意ください。

あらすじは次の通り。

主人公は松本明子が演じる末松吉子。35歳独身で、同じ会社の北岡(辰巳琢郎)との結婚を夢見てる。北岡はバツイチで、結婚する気なし。

そこで吉子が考えたのは、二人きりの旅行。雰囲気を盛り上げて北岡の気持ちを一気に結婚へと持っていこうとたくらむのだが、貸切のはずのゴージャスなコテージはダブルブッキングされており。しかも北岡の到着が遅れて、吉子は売れない作家の小田龍之介(山口祐一郎)と二人で泊まることになる。

最初は喧嘩ばかりだった二人がやがて心を通わせ合い・・・というよくある少女漫画的、いやハーレクインロマンス的展開なのですが、脚本もキャスティングも映像も、とにかくよくできてました。

キャスティングということで言えば、主人公に松本明子さんと山口祐一郎さんを持ってこなかったら、この作品は全く違ったものになっていたでしょうね。まさに奇跡の配役だと思いました。

演技うんぬんの前に、ハマリ役ってあると思うのですよ。

そういう意味で、アッコさんも山口さんもぴったりでした。

どのくらいよかったかというと、発売されたDVDを買ってしまった位、です。私は本やCDなど、部屋の荷物を増やすようなものはよっぽどのことがない限り買わないので、そういう意味では本当に例外中の例外のドラマです。

私が一番好きなシーンは、龍之介がトラクターを運転して、その横に吉子が乗っている場面。このときの、龍之介の目に惹かれました。

吸い込まれそうな、ブラックホールの目。そのとき私が感じたものを言葉にするのはとても難しいのですが、ああいう空虚な目の人を、初めて見ました。

そのときの龍之介の気持ちを思うと、じーんと胸にせまるものがあります。眠りこんだ吉子の頭に頬を寄せ、桜がちらほら舞うのどかな陽射しの中を、ゆっくりとトラクターが進むのです。

平和で幸福な情景ではありますが、寂しくて、せつないのですよ。何故か。

それは、龍之介が「吉子との別れ」を心に決めていたからではないかと、私は勝手にそう思っているのです。まあ、別れるもなにも、そもそも付き合ってはいないですけど(^^;

龍之介は、バツイチで子供がいます。作家のプライドにこだわり、出版社が望むような作品を書かなかったから、経済的に行き詰って妻には愛想を尽かされました。子供は妻が引き取ります。そして、最後の望みをかけた作品も出版社からは却下され、作家としての人生は終わりました。

この先のことは白紙です。そんな状態で、吉子を好きになったのです。

そりゃ、吉子にプロポーズなんてできないはずです・・・。これからどうやって生きていくのか、白紙ですもん。この状態で能天気に吉子に告白するような男なら、なんの魅力もありませんね。

妻子を幸せにできなかった力不足、家庭を壊してしまった罪悪感、そんな十字架を抱えているからなおさら、天真爛漫な吉子が眩しく、好意を抱き、そして自己完結してしまったのですね。

この思いが報われることはないと。むしろ、自分はこの人に近付きすぎてはいけないと。

でも、あの瞬間だけは近くにいたかったんだろうなあと思いました。せめて、トラクターを運転しているこの時間だけは、恋人でいたかったんではないでしょうか。途中、吉子は目を覚まして、自分が龍之介に抱き寄せられていることに気付いて驚きますが、また眠ったふりをします。

その一連の動き。龍之介は全部わかっていて、フッと一瞬笑って、それから遠い目をするんですよね。ブラックホールな目です。あまりにも印象的で、テレビに釘付けになりました・・・。

素敵すぎます。なんかね、情けないっちゃ情けないんですけどね。龍之介はスーパーマンじゃないんですよ。なにもかも失って、でも吉子のことは好きで。

幸せになってほしいって思ってて、そのためには自分が協力できることはなんでもしてあげたいって思ってて、でも、将来吉子のその横に、自分は立つ資格がないんだってこと、わかってるんだなあ。

この静かな決意、諦めみたいなものが、美しい映像で描かれてました。

他にも名シーンはたくさんあります。でもこの場面の完成度は突出していると思いました。ちょうどいい光の加減。トラクターの速度。ちらほら舞い散る桜の醸し出すのどかな光景。すべてが見事に調和して、その締めになっているのが、龍之介のブラックホールな目。

ちなみに、このドラマの中で私が嫌いなのは、傷心の北岡を吉子が受け入れてしまうところです。これは最低でした。そんな吉子は嫌いだー。龍之介だって、本当なら一気に冷めてしまうのでは?と思いました。

だらしないというか、節操がないというか。

私がもし脚本を書くなら、ギリギリまで吉子が迷う姿を描きますが、最終的には拒絶させますね。北岡が無理やり部屋に入り込む。ドアの傍で龍之介を見つめる吉子。すがるように吉子に絡みつく龍之介の視線。

それで一回ドアは閉まり。龍之介の目に怒りと絶望の光が宿った後で、再びドアが開く、みたいな。

「バカにしないでよ!!」という威勢のいい吉子の声と共に、ドアから突き飛ばされて出てくる北岡。

そういう強さと潔癖さを持った吉子だったなら、龍之介はますます惚れたと思います。そういう展開の方が、絶対よかったと思うなあ。

それで、その後、涙でぐしゃぐしゃの顔になった吉子の髪を、龍之介がクシャクシャっとするシーンなど、もしあったら最高です。ここはセリフなくてもいいなあ。吉子が泣き続けて、それを龍之介が困ったような、でも嬉しそうな、優しい笑顔でひたすら、クシャクシャする。撫でるのではなく、不器用に、クシャクシャっとなるところがポイント。

ちょっと長くなりましたのでこのへんで。続きは、気が向けばそのうちに書くかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。