似たもの夫婦と犬フン被害

先週は、実は犬の排泄で注意したのがもう1件ありまして。

もうさすがに、私も心が折れかけましたね。こんなに一生懸命、土地をきれいにしてても、草を刈ってても、その姿を何度も見ている人が、平気で犬に排泄させてるから・・・。

普通、そういう姿を見たら、「ああ、ここ手で草刈りしてるんだ。じゃあ犬に排泄させたら悪いなあ」とか思いませんかね?
私が草刈だけでなく、ハーブなども植えて、汗水たらして作業している姿をみていて、それでも後日、その場所で犬に排泄させますかね?

3人組(おばあさんと孫姉妹)に注意してから数日後のこと。

今度は、家の前でなく少し離れたうちの畑の前で、あるおばさんが犬に排便させていました・・・。
そのおばさんは、よく見かける人です。

夫婦で犬を散歩させてるときもあるし、夫だけのときも、妻だけのときもあります。

夫だけのとき、一時期、犬連れでよその土地に不法侵入してましたね。そこの空き地で、犬に排泄させるのが習慣になっていたのです。すぐに持ち主がロープを張って、防ぐようになりましたが。

私はそれを知っているので、「他人の敷地に平気で犬を入れてウンコさせてる非常識な人」として、夫の方を見てました。

奥さんの方は、他人の敷地に犬を入れた姿を見たことがなかったので、奥さんはまだマシなのかなと思っていたのですが。

でも違いました(^^;
やっぱりそういう旦那さんを持つ人は、同じ感性の持ち主なんだなあと。
似た者夫婦です。

その奥さん、うちの畑の前で犬にフンさせていたから・・・。

もちろん、犬のマナー看板立ててある場所ですよ。うちの畑と、アスファルトの道路との境にあたる部分です。草が生えるので、私がいつも草刈をして、ゴミも拾って、きれいにしています。
以前、犬のフン放置がひどかったので、私ががんばって草刈もし、ハーブも植え、手入れしている場所なのです。

草刈をしないで草を伸ばしておくと、小型犬が入り込めないので犬の被害がないかと思いきや、逆に中型犬などは喜んで草に飛び込んでフンをするんですね・・・。

茂った草に飛び込ませて排泄させている飼い主を複数目撃したので、思い切って(かなりの労力ですが)、草を短く刈ることにしました。それまで、犬のお尻をふいたらしき、汚れたティッシュなども捨てられていたりしたのが、草を短く刈ることで多少、ゴミが減った感じです。捨てても目立ちますから、私がすぐ拾ってきれいにします。

草刈しているとき、何度もその奥さんや、旦那さんを見かけました。挨拶もしてます。

向こうは、私がそこを草刈し、汗を流して手入れしている姿を何度も見てるわけですよ。その場所で。

なのにその日は、私がいない(見ていない)と思ったんでしょう。おばさんは短く刈った草の上で、犬に排便させてました。

私が駆け付けると奥さんはかなり慌てた様子で。

私は「ここでウンコされると、他の犬もみんなしたくなっちゃうんです。ここではさせないでもらえますか?」と、かなり丁寧にお願いしました。

でも内心は、かなり怒ってました。

これまで何度も、私が汗まみれで草刈している姿を見ているくせに。犬のマナー看板のあるすぐ横で、よく犬に平気で排便させますね?

わざわざその場所に犬を入れなければ、犬はそこでフンをしないです。仮にそこに飛び込んだとしても、リードを引っ張って「ダメ」と言えば、犬はそこで排便しません。飼い主の「そこでしなさい」という意志があるから、犬はそこでフンをするんです。

でも心の中では怒っていても、言葉は丁寧に、お願いする形にしました。道路とうちの畑の境ではあるけれど、敷地内というわけではないので。

けれど、人が手入れしている場所で、犬にフン尿・マーキングさせるのは明らかに非常識だと思います。

周りは放棄地や、川沿いなど、草が生えっぱなしの場所がたくさんあります。でも、その人はあえて「草刈してある綺麗な場所」を選んで、犬に排泄させているんですよ。

周りに比べたら、断然きれいな場所です。草を短く刈っているから、まるでドッグランみたいにも見えます。犬の嫌うハーブも挿し木しましたが、まだ大きく育っていないので、犬も平気で入りこめてしまうんだと思います。

でも、常識のある人は、散歩でアスファルトの道路部分は通っても、わざわざ犬を草のところに入り込ませたりしません。私が見ていると、ほとんどの人は、アスファルトの道路を通るだけです。草のところまでわざわざ犬を入りこませる人は「フン尿・マーキング目的」の人だけです。

おばさんは、「いつもはこんなことないんですよー。すみません」と謝りました。私はそれ以上、なにも言いませんでした。

でも本当に腹立たしく、また悲しかったです。フンはとっていってくれたけど、確実に臭いはついてしまったから。フンも全部回収できるわけなく、多少残りますし。フンだけでなく、排尿もしてるでしょう。それに、今日だけじゃないですね。私がいないとき(見ていないとき)には、いつもそこで犬に、排泄させているんでしょうね。わざわざアスファルトの道路を外れて、そこに犬を入れてる時点で、意図的だとわかります。

これもまた放っておけば、次の犬が臭いに誘われて、あっという間に犬のトイレ化してしまいますから。

仕方なく、おばさんが去った後、また新たにハーブを植える処置をしました。草地に手を触れるのは、気持ち悪かった。どこにフン尿がついているかわからないから。

情けなく、腹立たしく。でも今処置しなければ、後から来た犬が、追いがけしたくなっちゃうから。

一刻も早く、臭いを消す必要があります。

やってもやっても、非常識な飼い主が次々とあらわれて、この場所から犬の臭いは消えないのかもしれません。でも放っておけば、悪化するばかりです。

黙々と、ハーブを植えました。これも、どこまで効果があるかわかりませんし、根付くかもわかりません。以前、この作業をしているとき、通りがかった人に声をかけられました。犬に困っていてハーブを植えている話をしたら、「非常識な飼い主にはかなわないよ。だって毎日来るじゃん。とても無理だと思うよ。いくらハーブ植えてもさ」

気の毒そうに言われました。その方も、犬のフン尿放置を、何度も目撃していると言いました。

「ひどいのは田んぼに放りなげていくもんね~」と。

私も、見たことがあります。田んぼの中に、フンを放り投げていくのです。

でも、諦めたら終わりです。一歩一歩、自分にやれることをやっていくしかありません。何もしなければ、もっと不潔な場所になってしまいます。

飼い主さん。犬の排泄はよその土地ではなく、自分のうちでさせましょう

私有地も、道路も、公園も。そこは犬のトイレではありません。
フン尿をさせるために散歩させるのはやめてください。

散歩は犬の排泄のために行うものではありません。排泄させてから出かけましょう。

犬の不法侵入のその後

犬にロープをくぐらせて、わざわざ我が家の芝生でおしっこさせていた3人組。顛末については、前回の記事に書いた通りなのですが、その後についてのご報告。

その後、4日間にわたって、彼女らが来ていた時間帯に家の前で見張っていたのですが、彼女らが再び来ることはありませんでした。さすがに私の怒りが伝わったのかな?

彼女らを最初に注意したときは、平気な顔で、悪気なく30分後に戻ってきたので呆気にとられたのですが、再度の注意によって、さすがに私が怒っていることはわかってくれたみたいです。来ないっていうことは、散歩コースを変えたのかなと思います。

でも、4日間にわたって見張っているのはかなり負担が重かったです。これを今後ずっとというのは無理。そんなに暇じゃない。

でも今後ずっとは無理でも、現場を押さえた直後の4日間は重要なんです。ここで、相手がまた同じことを繰り返したら、すぐに注意する必要があります。ほっといたら駄目だと思う。

この4日間。

彼女らが来る時間帯。18時30分が近付くと、芝生に水をまきました。犬が入り込んで排泄するのを防ぐためです。ついでに道路際にも水をまきました。なるべく境を歩かないようにさせたくて。たとえ、うちの敷地に入りこまず道路だったとしても、フン尿やマーキングされると臭いが残ってしまうのです。そうなれば後から来た犬が、つられて排泄したくなってしまいます。

そうなれば・・・せっかく我が家の前が犬のトイレにならないよう、半年以上かけて努力してきたのが全部無駄になってしまいます。去年、気が付いたときには本当にひどい状態でしたから・・・。来る犬来る犬、ほとんどが、フン尿やマーキングをしてました。フンはとっていってくれましたけど、だからといって家の前が、散歩中の犬のトイレになっている(それが当たり前になっている)状況は、私にとって耐えられないものでした。

毎朝のように、家の前と畑を見回り、木酢液や忌避剤、正露丸などをまきつづけた日々。本当に大変でした。でも、気を抜けばまたすぐ、元に戻ってしまいます。雨が降れば木酢液も、忌避剤も正露丸も、みんな臭いがなくなってしまうから。

雨上がりは特に、気を遣います。

どちらが先に臭いをつけるか、の勝負なのです。
私が早ければ、犬はフン尿マーキングしませんし。

私が一歩遅ければ、どこかの犬が一番に臭いをつけ、その後はその臭いに惹かれ、次々と散歩中の犬が追いがけしていくので。いくら木酢液などで対策しても、犬の臭いが勝ってしまえばそれまでなんです。デッキブラシで道路をこすったり、もっと強力なものをふり撒けば別かもしれませんが、そこまではできないですし。

半年以上かけて、本当にがんばって、家の前で犬が排泄する習慣をなくしたのに。
3人組に、いとも簡単に、当たり前のように犬のおしっこをされてしまったのは本当にショックで。

今週はずっと嫌な気分でしたね。ずっとそのことを考えていた。でも忘れるわけにもいかないし、行動しないわけにもいかない。なにもしなければ、3人組はしれっとまた来るかもしれなかったので。

拒否の意思を示すには、現場を見張ることが一番効果的でしょう。排泄の現場を押さえたら、またその場で注意すること。もうそれしかありません。

犬のマナー看板がある場所で、しかも、ロープが張ってある場所で、わざわざそれをくぐらせて飼い犬に芝生の上で排泄させているのですから、もう排泄現場を押さえて注意する以上の手段はありません。

4日間、彼女らがあらわれなかったことにはほっとしたけれど。(また注意するのも嫌ですから)

でも、今後、またふっと現れる可能性もあるしなあ。

犬はまだ若かったです。たぶん1歳くらいじゃないかな? 毛並みがツヤツヤしてましたし、今後10年以上にわたって近所を散歩するのだと思います。今はうちの前を通らないけど、いずれまた通る可能性を思うと、もう本当にうんざりです。

なぜ、人の敷地で(手入れした芝生の上で)、入らないように張ったロープをくぐらせてまで、犬に排泄させるのでしょうか?
何度も何度も考えましたが、本当に理解できない行為です。

子供だけならまだ、わからないでもありませんが。

70才くらいの分別あるはずのおばあさんが、孫のそうした行為を目の前で見てとめなかったなんてねえ。しかも注意されて、「フンはとってます」とか。そういう言い訳、平気でしちゃうところが罪の意識がないんだなあと。

でも、子供だって小3か小4くらいでしたから。十分善悪はわかってる年齢ですね。それでも一切謝らなかったからなあ。リードを持っているのは子供でした。
おばあさんは謝ったけど、でも子供には謝らせなかったです。それもどうかと思う。

そもそもフンは持っていくの当たり前ですが、それ以前に。
人の家の前で排泄させてはいけません。
それと、フンは駄目で、尿はOKではないので。
どっちもダメだからね。とにかく、フン尿・マーキングはお断りします。やるなら、自分の家の庭、もしくは自分の家の前の道路でどうぞ。

わざわざ散歩で、人の家の前に犬を連れてきて、排泄なんかさせないでほしい。

芝生がきれいだから、きれいなところで犬に排泄させたかったのかもしれないけど。

そこで草取りや草刈をして、手入れしている人のことを何も考えなかったのか? 
あなたの犬のトイレにするために、手入れしているわけじゃないんだよ・・・。

以前はここまで犬のマナーが悪くなかったと思うんですが、ここ数年のことなのでしょうか?

犬の排泄マナーが、異常なことになっているように思います。
犬を飼う人が増えたのか?
たしかに、散歩の数自体は激増しているような感じ・・・。
犬を飼う人のマナーの悪さには、本当に困っています。

不法侵入とフン尿被害

またやられてしまったよ、犬のフン尿被害。

前回、「この頃、家の前の犬のマーキングはだいぶ減ってきた、ように思う。」だなんて書いたばかりだったのに。本当にこの犬問題、イタチごっこです。

対策しても対策しても、完全にゼロにはならない。

今日は、18時30分頃、家の前ではっきり現場を目撃したので直接注意しました。それがまたひどい状況で。

犬の侵入を防ぐためにわざわざロープを張ったのに、なんと飼い主はそのロープの下を犬にくぐらせて、芝生の上でおしっこさせているという・・・・。

窓から見ていて、目の前の光景が信じられなかったです。しかも、今日の犬(若い柴犬です)は、臭いを嗅ぐ素振りも一切なく、ためらいなくロープをくぐり、我が家の敷地で即座に排尿。これは慣れてますね。毎日やっていることなのでしょう。

私は18時前後には家にいないことが多かったので、これまで気が付かなかったのだと思います。他の時間帯には、注意して見ていたのですが、今日この時間帯にたまたま注意深く外を見ていて、犬におしっこさせている現場をおさえました。

犬がおしっこした場所は道路際ではなく、はっきり、犬の体全体がロープをくぐった位置の場所です。不法侵入・・・。飼い主は敷地に入らず、犬だけを我が家の敷地に入れて、排尿させてました。もしかしたら排便もしようとしたのかも。でも即座に私が大声で、「すみません、そこに入れないでください」と叫んだので、飼い主は慌ててロープの外に犬を引っ張り出しました。

今日の飼い主は3人組です。

おばあさんと孫2人。おばあさんは70才前後。孫は小3と小4くらいの女の子です。犬のリードを持っていたのは、女の子。当たり前のように、犬にロープをくぐらせて、うちの敷地に入れて芝生の上で排尿させてました。そしてそれをみているおばあさんと、もう一人の女の子。

私が大声で「そこに入れないでください」と叫んだら、おばあさんは「すみません」と言って、ささっと歩き出しながら、わざと私に聞かせるように女の子たちに説教を始めました。

「よそのおうちに犬を入れちゃだめよ」と。

いや、それ今さら言う?というか、かなりわざとらしい。逃げながら説教するのではなく、まずは私に謝罪するべきじゃない?現場を見られたのだから。

そして、リードを持っている女の子にも、謝らせなきゃいけないことだと思う。幼児ではない。十分、善悪の区別がつく年齢だ。

私は怒りに震えながら外に出て、3人が立ち去るのを見送りました。女の子たちは結局謝罪なし。おばあさんは、孫に説教するポーズ(まさに、私に見せつけるためだけに説教のフリをした、と言う感じ)。

さて、どうしましょうか。ただ怒ってるだけでは解決しません。このまま放っておけば、臭いにつられて、後から来た犬たちが尿の追いがけをするでしょう。

落ち着け―、落ち着け―と、自分に言い聞かせながら、バケツに水を汲み、何度も水をまきました。道路際までたっぷりと。本当は消毒薬も撒きたいくらいですが、うちは雑草もすべて手作業で取っていますし、農薬や肥料を一切使わないやり方で植物を育てているので、ハイター等は使えません。水を大量にまくしかありません。

ひとしきり水をまいた後で、考えました。

今回侵入された場所。ロープも張ったし、道路際の部分は芝生を取り除いてハーブのタイムとドクダミを植えて、臭い対策はやっていたつもりだったんですよね。それでも、なんのためらいもなく犬に侵入されてしまった。これからどうしようか。

でも、もう忌避剤や木酢液を大量に買い込むのは、嫌です。去年から、何万円という単位でお金を使っているから。よその犬のために、どうしてそんなお金をかけなければいけないのか。ロープまで張って。入れないように対策して、また毎日毎日、忌避剤をまくような生活はもう嫌です。

犬の忌避剤も、木酢液も、正露丸も。臭いで犬をよせつけないものは、雨が降るととたんに効果が薄まってしまう。だから、雨のたびにまかなければいけなくて、負担が大きいのです。金銭的にも、労力的にも。

ひとまず、犬が座り込んでいた場所。水をまいてびしょびしょになっている場所の、芝生を一部掘り返しました。しっかり根を張っているから、スコップもなかなか入らず大変です。

そしてそこに、新たにタイムを植え付ける。

これ、ちょこちょこ植えてあったんだけども。今回の侵入には効かなかったんだけども。でも、ひとまずピンポイントでこの場所の臭いを、犬の嫌いなものに変える必要がある。あの犬は慣れてた。おそらくここで排泄するのが習慣になってる。だったら座る場所に臭いのする植物を植えた方がいい。

その後、道路際の芝生も掘り返し、そこにはドクダミを植えました。冬になると枯れてしまいますが、ひとまず今の季節は生育旺盛です。独特の臭いは人間の鼻にも届くくらいなので、犬よけの効果があることを期待します。

あーそれにしても。

私はいつまでこの、犬対策をやらなければならないんだろうか。どうして人の家に、勝手に侵入して犬におしっこさせるのか。考えられないほど失礼な話です。侵入させまいと設置したロープ。そのロープの下を犬にくぐらせて、わざわざ人の家で汚い排泄をさせるだなんて。信じられません。

芝生を掘り返すのは結構な力作業で、でもそれをやりながら、私の怒りはおさまりませんでした。書いてる今も、腹立ちはおさまりません。

ところが、30分後の19時頃、信じられない出来事がおきます。

なんと、さっきの3人組が戻ってきたのです!

いやいやいやいや・・・・・・・(^^;

まさかでしょう。普通恥ずかしくて、2度と来られませんよね。人の家に犬を侵入させて、おしっこされてるの目撃されて、抗議されたあげくですよ?

3人組は一切悪びれず、にこにこしながら戻ってきました。散歩が終わった~ということのようです。私には、ここを通る神経が、全く理解できませんでしたが。

恥ずかしいことをしたとか、申し訳ないとか、顔向けできないとか、ないのかなあ・・・。というか、私としては二度と、ここを通らないでほしいです。だって、見てなかったらまた何度でもやるでしょ?

帰っていく3人を、そのまま見逃すことはできません。そのままニコニコ見送ったら、3人は何度でも同じことをするでしょう。私が見ていないときには、やりたい放題だと思う。それくらい、まったく罪悪感がない行動です。現に「犬を入れるな」と抗議された家の前を、再び堂々と通って帰ろうとしているのだから。

「一匹犬におしっこされると、後から来た犬がみんなしていくんですよ。フンの被害も何度もあったし、本当に困るんです」

私は、家の前に来たおばあさんに話しかけました。さっき注意されたばかりなのに、本当に同じ人物なのだろうか、と思いながら。でもやはり、さっきのおばあさん。そして小学生の姉妹。首に赤いスカーフを巻いた若い柴犬。

おばあさんは、答えました。

「すみません。でも私はフンは拾ってますよ」

いやいやいやいや、フンを拾ってればそれでいいのか? 確かに今日目撃したのはおしっこだけだったけど。あの慣れた様子だと、毎日のようにうちの芝生の上で排泄させてるよね。フンは拾えばいいってもんじゃないよ。そもそも人の家の前で排泄させちゃだめだし、まして、人の家の敷地内に犬を侵入させるなんて、うちは犬の公衆トイレじゃないよ!!!

言いたいことは心の中を駆け巡りましたが、私はぐっとこらえました。感情的にならないように、かつ、一番効果的な言葉はなにかと考え、こう答えました。

「おしっこはさせてましたよね。私、見てましたから

ぐぐっと、言葉につまるおばあさん。フンは残っていなかったのでそこを追及しても証拠がありませんが、おしっこに関しては私が現場を目撃していますから、言い逃れはできません。

私は、おばあさんに何かいうよりも、女の子の方に注意した方がいいな、と判断しました。おばあさんはこれまでの人生で、この年になるまで、人の家の敷地で犬に排泄させるという常識ハズレを、何とも思わず生きてきた人です。これまでの人生で貫いてきた生き方は、今さら直らないでしょう。
それよりは、この小学生の女の子の方が、まだ更生の可能性がある。今後の人生は長いですし、今回のことをきっかけに「よその家の前や、ましてよその家に犬を入れて、排泄させるのはいけないこと」だと理解させなければならないと思いました。

といっても、長々と、くどくど説教しても仕方ありません。

私は、2人の女の子のうち、年長の子の方をじっと見つめてこう言いました。

「あなたのお家の玄関に、よそのおうちの犬がやってきて、おしっこしたら嫌でしょう?

自分が嫌なことは、人にやったら絶対に駄目だよ」

精一杯の気持ちをこめました。

女の子は、何も言いませんでした。もう1人の子も、黙っていました。おばあさんは「すみませんでした」と言って、3人はそのまま立ち去っていきました。

女の子が、これをきっかけに考えを改めてくれたらいいのですが。でも、また明日も明後日も、うちの前を犬連れで通るのか? そう考えると非常に腹が立ちますし、憂鬱です。こんなの、注意する方だってものすごく嫌な気分です。人の家で犬にフン尿させるような人たちとは、一切関わりたくないです。

最初に注意されても、平気で30分後に同じ家の前を通る人達だから、なにが悪いのかと罪悪感は一切ないのかもしれません。本当に悪いとか、恥ずかしいと思うなら、1度でも注意された時点で、2度とそこの場所に近付かないだろうから。

私が逆の立場なら、そうします。
もちろん最初から、人の家で犬にフン尿させませんけど。でももしそういうことがあって注意を受けたら、もう平謝りですし、「二度としません」と言って、そこの家の前は二度と通らないでしょうね。そこの家の人に、合わせる顔がないです。恥ずかしいです。犬の散歩道を別ルートに変えます。

でもたった30分後に戻ってきて平気な顔をしていた。私はその後ものすごく腹を立てて、嫌な思いをしていたのに。なんなら、今これを書きながらも思い出して、非常に不愉快です。でも、あの3人は今頃そんなこと一切忘れて、また明日には平気な顔でここを通りかかるんだろうか。

私がいれば、遠慮してそのまま通り過ぎて。

もし私がいなければ、見られていなければまた犬を敷地内に入らせて、芝生の上で排尿させるんだろうか。
考えただけで腹が立つ(*`Д´)ノ

あれだけのことをやらかして、また平気で人の家の前を散歩で通るっていうのが、すでに失礼なんだけど。こっちは毎回、見張ってないといけないということか。でも24時間365日見てるのは無理だし、でも放っておくわけにはいかないし。何らかの対策をまたとらないとな。

少なくとも、明日は必ず、また同じ時間帯に見張っているつもりです。あんな人達のために時間をとられるのは悔しいけど、でも被害をこれ以上拡大させたくない。あれを許せば、後から来た他の犬もまた、臭いにつられて排泄やマーキングしたくなってしまうだろう。そうなれば、やっと犬の公衆トイレ状態から脱出した我が家が、また元通りになってしまう。今までの努力が元の木阿弥。

そんなこと、絶対にさせない。私は固く決意している。我が家を、犬の公衆トイレには絶対にさせないと!!!

犬のマーキング、ターゲットが移る

努力の甲斐あって、この頃、家の前の犬のマーキングはだいぶ減ってきた、ように思う。

外を歩く人の話し声がするとなるべく窓から観察したり、あるいは散歩の時間帯にはなるべく庭に出て道路際をチェックするようにしているのだが、道路と敷地の境で犬に臭いをかがせる飼い主がかなり減った。

そしてその分、はす向かいのお家がターゲットになってしまった(;;)

うちを素通りした犬たちが、ほぼ、そこのお宅の擁壁でマーキングをしていく。フン尿するものもいる。今朝も、ばっちりフンをして、飼い主が拾っていた。

私は声を大にして言いたいのだけれど、フンだって、拾えばいいってものじゃないと思う。そもそも、よそのお家の前でフンをさせてはいけない。毎日そこで排泄される人の気持ちを、考えればどんなに嫌か、わかるだろう。

私は嫌だ。フンも尿もマーキングもお断り。

家の前で立ち止まらせて、臭いをかがせて、「そこでおやんなさい」的に犬に命じるのは本当にやめてほしい。犬だって、飼い主に促されるから、そこでするようになるのだ。飼い主が「ダメ!」とリードを引っ張れば、犬は賢いので、他人の家の前で排泄はしない。させているのは飼い主なのだ。

我が家のはす向かいのお宅が、我が家の代わりにターゲットになってしばらく経つ。
本当に気の毒すぎる・・・。

うちは道路際(敷地内)に定期的に木酢液をまき、正露丸をつぶし、ハーブを植えたので、犬も「匂いが嫌だ」と、避けるようになったんだと思う。トウガラシの粉、コショウの粉、コーヒーかすも撒いたな。市販の犬の忌避剤もまいた。その代わり、ものすごくお金と手間はかかった。去年から、木酢液等に費やした金額は万単位。

まく場所が広いので、木酢液もすぐなくなってしまう。しかしいったん、「家の周りに犬の嫌いな匂いがある」状態を作り出せば、犬は賢いので、覚えていて避けるようになる。

我が家の代わりに、ターゲットになった家には申し訳なく思ってしまう。我が家を素通りした犬が、みんな(けっこうな確率で)、擁壁にマーキングしていく。一匹すれば、後から来たのは必ず追いがけする。事実を、おうちの人に伝えるべきか、迷った。

いやでも、気付いてなければなにも感じなくて済むけど、気付けば嫌な思いをするわけで、私が余計なことを言うことで、かえって迷惑をかけてしまうのではないかとか、いろいろ迷う・・・。

家の周囲を犬の公衆トイレにされて、喜ぶ人なんて誰もいないと思う。私もよほど、注意してやりたいけど。自分の家の前なら注意できても、さすがに、はす向かいのお家では、なにも言えず・・・。「あんたの家じゃないだろ」と反論されるかもしれないし。

いや、よそのお家のことでも、1度は非常識飼い主に注意したことあるんだけどね。

それははす向かいのお家ではなく、もう少し離れた同じ隣保の家。玄関先で、散歩中の犬におしっこされてたのを目の前で見てしまった。私がゴミの集積場に、ゴミを持っていく途中の出来事。あまりのことに絶句したけど、我が家ではないとはいえ目の前で悪行を目撃して、見過ごすこともできなかった。なにしろご近所さんだから。

「ひどすぎませんか?」というような感じで怒りをこらえつつ言ったんだけど、当の飼い主は、別に謝るでもなく、知らん顔して行ってしまった。

はす向かいのお家のこともあまりに気の毒なので、私としては非常識な飼い主に直接注意してやりたいけど、きっと素直に謝らないだろうなあというのは想像できてしまう。こちらも勇気をふりしぼって注意するのに、相手の対応はきっと腹の立つものだろうから、我が家の前以外で目撃したときには、注意は諦めている。

ところが、このはす向かいのお家に、動きがあった。

ついに、家の擁壁にいつもフン尿・マーキングされていることに気付いたみたいで。

散歩中の犬の鳴き声が聞こえたので、窓の外をのぞいてみたら。
たぶんはす向かいのお宅も、同じように犬の声で、外を見たんだと思う。そして、フン尿・マーキングの瞬間を目撃したんだと思う。もしくはその直後の現場を、確認したんだと思う。

私が見たのは、はす向かいのお宅が、バケツに水をくんで洗い流している姿だった。激怒していた。私はよほど、駆け寄って「気持ちわかります・・・」と言いたくなってしまった(^^; その姿は、以前の私と重なった。

私も、我が家の前がいつの間にか犬の公衆トイレになっていることを知ったとき、激怒したから。私も、フンされた後をなんども何度も、バケツの水で流して掃除したから。

はす向かいの方は、何度も何度も、バケツの水をぶちまけていた。その勢いは、そのまま怒りの裏返しだ。何回バケツの水を流しただろう。かなりの時間、ずっと水をぶちまけていた。

でも、アドバイスするとしたら、水だけではなく、水を流した後になにか、臭いのするものをまいた方がいいと思う。水だけだと、臭いを完全に消せない。いくら回数を重ねても、水はあくまでも水。人間の鼻には臭わなくなっても、犬は敏感に察知するので、一度公衆トイレになった場所は、なかなか回復しないのだ。多くの犬の、マーキングスポットになってしまう。

なにか解決策を考えないと、水を流しただけでは飼い主にも犬にも効かない。

現に、はす向かいの方の「怒りのバケツ水ぶちまけ」があった翌日も、複数の犬が排泄・マーキングしているのを目撃してしまった。私の部屋の窓から、私が家の前をフン尿されないよう監視していると、我が家の前では排泄しない犬たちが、はす向かいのお宅の擁壁では、平気で排泄していた。

排泄やマーキングのポイントが、我が家から、そこのお宅に移ってしまったのだ・・・。

この問題は、日本全国で起きていると思う。ただ、気付いていない方も多いのではないだろうか。私も、いったん気が付くまでは、我が家の前が犬の排泄・マーキングポイントにされているだなんて、想像もしていなかった。だが、いったん気付くと本当に腹立たしく、注意したところで素直に謝る飼い主もおらず、それからの日々は、被害がわかっているだけに地獄だった。なんとか現状を変えたく、お金も労力も使って、やっとだいぶ、やってくる犬たちの習慣を変えられたと思う。

排泄なんて、究極に汚いものだからね。
そうした汚いものを、自分の家ではさせず、わざわざ遠くへ来て、よその家の前で犬にさせる飼い主の神経が、私には本当にわからない。

自分の家を汚したくないから?

よその家ならいいの?

テレビでこの問題、とりあげてくれないかなあ。保護犬の問題だけでなく、こうした飼い主の散歩マナーも、本当に切実なのです。

坂上どうぶつ王国を見た感想

先日、坂上どうぶつ王国の3時間スペシャルが放送されました。それを見ての感想です。

まず一番は・・・。

犬のフン尿・マーキングマナーについて、もっと取り上げてほしかったなあと。

番組では散歩に連れていく前、犬に排泄させる様子はありませんでした。そして、川沿いの道らしきところで、犬が排泄したくなったらしき様子がありましたが、排泄そのものは映していませんでしたね。

おそらく、あの草むらでさせたんだろうなあ、と思います。よその家の敷地前ではないので、許容されるのか?でも、公共の場所ですからね。結局、自分の家の庭以外で排泄やマーキングを行うことは、汚いものをよそへ置いてくることになりますから、今後ぜひ、テレビで「散歩は排泄のためではない」ことを啓蒙していってほしいです。

でも、坂上忍さんを始め、関係者は誰も、そのことに疑問を抱いている様子がなかったから、期待できないかな・・・。

他にも、散歩中、よそのおうちの塀沿いに、犬がクンクン臭いをかいでいる様子も放送されましたが。あのクンクン臭いをかぐ行動が出ると、高確率で排泄、もしくはマーキングするんですよね。私はヒヤヒヤしながら見てましたら、映像が途切れた・・・。

あの後、きっとマーキングはしたと思うなあ。

もっともっと、この排泄とマーキングの問題、こうした人気ある番組でとりあげてほしいです。そして、散歩前に排泄を済ませるのが原則であることが、広く浸透してほしい、常識になってほしいなと思います。

散歩中の犬のフン尿・マーキングに悩まされている身としては、本当に切実な問題なのです(^^;

マーキングは少量だからいい、尿は蒸発するからいい、フンは拾うからいいだろう、という間違った考え方がなくなってほしいです。

少量でもマーキングをすれば、後からきた犬はみんな、そこに尿を追いがけしたくなってしまいますし。来る犬来る犬にマーキングされれば、そこはあっという間に公衆トイレになってしまうのです。尿も蒸発したところで、しっかり臭いは残りますし。

フンも、拾ったところですべてを回収できるわけではなく。欠片はどうしても残ってしまったり、あるいは柔らかい部分は拾いきれなかったりしますよ。

私は夜犬を散歩させている人をみて、疑問に思います。暗い中で懐中電灯のあかりで、フンの回収が完璧にできるわけないのに、と。昼間ならまだ目視できれいにできますが、夜はどうしても、見えない部分がでてきますよね。

坂上さんは動物愛護の分野でとても有名な芸能人ですし、あれだけ広い素晴らしいドッグランがあるのですから、ぜひ率先して、排泄・マーキングの問題に取り組んでほしかった。あれだけ広い敷地があるのに、排泄は散歩先でと考えているのなら、本当にがっかりです。

毎日毎日、犬の排泄に使われる場所がどうなるのか。

臭いがつきますから、他の犬の排泄も、誘導することになってしまうんですよ。それは犬の本能なので犬が悪いのではなく。そういう場所で排泄させる飼い主の罪です。個人の土地ではないからといって、川沿いだって、犬に用を足させてはいけないと思う。

犬を飼う人が、本当に増えたと感じます。それだけに問題は深刻です。

坂上さんのやっている里親をみつける運動も大事ですが、不幸な犬を増やさないことも、これからは求められる時代なのかなと思いました。犬を飼うって、本当に責任が重いです。一生飼えるか、というのは基本で、その他にも、フン尿やマーキングの始末も考えれば、自分の家にそのようなスペースがあるのか、毎日排泄のお世話ができるのか、よく考える必要があります。

散歩でよその土地へ行って、フン尿・マーキングさせる、というのが当たり前になってほしくないです。よそでさせることが簡単で清潔なのかもしれませんが、汚いものは自分の家で始末するべきだと思います。それができないなら、飼っちゃだめです。

番組内で、飼育放棄された犬を見て気の毒になりました。人間の都合で繁殖させられ、要らないからと放り出される。犬が可哀想すぎます。

犬の購入や飼育に、税金をとることも検討すべきでは?と思いました。お金がかかれば安易に飼う人が減りますし、その税金を犬の福祉に使うことで、不幸な犬が少しでも減るのではないかと。散歩マナーの向上のため、新しく犬を飼う人に一定の講座受講を義務付けるのもいいかなと思います。そうしたことにお金を使えば、犬税も価値がありますね。

たとえば、年に1度の狂犬病の注射。あのときに、飼い方のマナーを再確認して、適正な飼育をしている誓約書を提出させるとか。そういうふうになれば、いい加減な飼い主も淘汰されていくのではないでしょうか。

結局番組では、犬たちの里親はみつかりませんでした。里親の条件をもっとゆるくすれば譲渡はどんどん決まるのでしょうが、犬のその後を考えれば、里親に対して厳しいハードルが設けられるのも無理ないなあと思います。「やっぱり大変だから飼えない」となることだけは、避けないといけないし。

でも、保護される犬がどんどん増える一方で、飼える人間の数には上限がある。そしたら、根本的に「増やさない」ことを考えないと、きりがないですね。無責任な繁殖には、厳しい罰則を設けないといけない時期が来ているのではないかと思います。

犬を複数飼う人も、最近は増えてきていると感じます。散歩の犬をみていても、2匹とか3匹連れている人が珍しくありません。

でも、複数の犬を散歩させている人がきちんとしつけができているかというと・・・。もう複数飼っている時点で、ちょっと・・・ですね。本当に犬に向き合ったら、一匹でもとても大変だと思うから。

動物を扱うテレビ番組は、坂上忍さん以外にもたくさんありますが、犬の排泄に関して警鐘を鳴らす内容を、一度もみたことがありません。

犬の散歩は、排泄のためではないこと。

昔はそういう時代もあったかもしれませんが、今は、排泄は自宅で済ませるのが常識です。よその家の土地や、公共の道路、川沿いなどで、排泄させて当たり前の人たちの意識が変わることを願います。フンを回収すればよい、のではなく。そもそもフンも、家でさせるべきなのです。

坂上さんの番組内で、広大なドッグランには、芝生がきれいに敷き詰められていました。ある犬が、その芝生を剥がして、とめられていましたが・・・。犬にとっては、自由に穴がほれる土が一番だと思います。芝生ではなく。

全面芝生ではなく、土のスペースを設ければよかったのに、と思いました。そして、その一部を、犬のトイレにすればよかったのでは? 散歩の前はドッグランで少し運動して、土の上で排泄する。人間はそれを始末して、排泄後に、散歩に出かける。犬は賢いので、排泄すれば散歩にいけるんだなと、すぐ覚えますよ。

あれだけの広い、素晴らしいドッグランを持ちながら、排泄は散歩先で・・・というのは非常に残念です。影響力も大きいのですから、今後、テレビで犬の排泄について、「散歩先でなく家でさせる」ことを放送してくれたらなあ、と思います。