犬を侵入させて怒られても、なぜまた来るのか

相変わらず、毎日犬フン尿・マーキングと戦っております。

だいぶよくはなってきました(以前のように、通りかかる犬がほぼすべてマーキングしていく状態はなくなりました)が、気を抜くと、またやられてしまうので安心はできません。

そして、今朝。なんとまた、あの犬フン姉妹がやってきました…もう来ないでほしい。_| ̄|○

私はあの小学生姉妹を、犬フン姉妹と呼んでいます。

姉妹の行動については、過去記事をどうぞ。

⇓⇓⇓

https://meiousei.tokyo/2022/06/08/%e4%b8%8d%e6%b3%95%e4%be%b5%e5%85%a5%e3%81%a8%e3%83%95%e3%83%b3%e5%b0%bf%e8%a2%ab%e5%ae%b3/

(引用:冥王星からこんにちは|不法侵入とフン尿被害 2022年6月8日記事)

もう来ないでほしいという願いもむなしく、あの姉妹2人が(今回は祖母らしき人はいなかった)、朝、しっかり家の前を犬連れで通り過ぎていきました。今まで来てないと思ったのは私がその時間帯にいなかっただけで、朝はいつもうちの家の前に来ていたみたいです。さすがにもう、ロープをくぐらせて排泄はさせていきませんでしたが。犬も、入りたがる素振りをみせませんでしたので、この頃は敷地に侵入して排泄ということはしていないんでしょう。

私的にはもう2度と、うちの前に来ないでほしい。というか、侵入防止のロープを犬にくぐらせて犬に排泄させて、怒られて、それでもまた同じ場所に平気で散歩に来る神経が、全く理解できません。

2度と来ないと思っていましたが、もし来た時には、どこの家の人か確かめるつもりでいました。だいたいあのへんの人じゃないか、と曖昧に他の人を疑うのも嫌だし、あのとき犬にロープをくぐらせてまで排泄させていた非常識な家の人ですので、今後もどのような被害があるかわかりません。

家をつきとめるため犬連れ姉妹の後をついていくと、まあ、いろんなところでマーキングさせてましたね(呆)

オープン外構になっているよそのお家の、電柱等でしっかり排尿させてました。たぶんそこのおうちの人は、気付いてないんだろうなあ…

よそのお宅ではありますが、お気の毒だし、腹が立ちましたね。どうして反省がないんだろう。我が家に関しては、私が前回はっきり「そこに(うちの敷地内に)犬を入れないで」と注意したので、まずいと思ってマーキングさせなくなったんでしょうね。それでも、平気で散歩に来る神経は、本当に理解不能です。そして、注意されない場所ではやりたい放題。まったく反省がありません。

犬と一緒に散歩する、というより。

犬にやらせたい放題、嗅ぎたい放題、行きたい放題、排尿し放題、という感じです。リードを緩くもち、犬の行きたい方に行かせ、嗅ぎたいだけ嗅がせている状況でした。

しっかりしつけてある犬の場合、犬は飼い主に寄り添い、飼い主のペースに合わせて行動します。勝手に嗅いだり、ましてマーキングしたりはしません。ちょっとみただけでも、きちんとしつけてある犬とそうでない犬の違いはすぐわかります。犬が飼い主をリーダーとみなし、その指示に従うかどうか、なんですよね。

あちこち寄り道しながら姉妹の散歩は続き、私も、うんざりしながらその後に続き、やっと姉妹の家を確認できました。我が家から徒歩5分のところでした。

こんなに近所だったのか!と驚いたのが本当のところです。こんな近所の家で、人の家に犬を侵入させて排尿させて怒られて、それでも平気で散歩コースを変えずその家の前を通り続けるって、本当に理解できません。

いくら小学生であっても・・・。というか、子供の方が、そうした善悪には敏感じゃないですかね?私が子供の頃を思い出してみましたが、自分が悪くて怒られたら恥ずかしいし、そういう場所には2度と行きませんね。(まあ、そもそも犬をよその家の敷地で排泄させたこと自体、一度もないですけど)

犬フン姉妹の家を確認できたので、まずは一安心です。今後もしなにかあったら、保健所や警察への相談も考えています。今のところは大丈夫ですけど、いつまた被害が再発するかもわかりません。なにかあったときに「どこの家の人か全然わからない」というのでは困りますし、たぶんあの辺の人、なんて他の人を疑うのも失礼ですし。特定しておくことは大事だと思います。

ともかく、犬を人の敷地に入らせて(侵入防止のロープをくぐらせて)わざわざ排泄する、そして怒られてもまたやってくる、という神経は、異常だと思うので、家を確認できたのは少し安心です。

なんで私がわざわざ時間と労力を費やして家の確認までしなきゃいけないかと思うと情けないですけど。でも、相手を特定しておくというのは、とても大事なことだと思います。

注意して、2度と来ない相手ならいいんです。でも相変わらずやってくる(全然悪いと思っていない)のは、やっぱり常識が通じない相手だと思うから。

効果は薄いとは思いますが、今朝も家の周りにはハッカ水をスプレーでまいておきました。人間にとってはいい匂いですが、犬は嫌がる香りです。また家の周囲がマーキング場所にならないよう、今後も気を付けていきたいです。1度ついた習慣をやめさせるには、かなりの手間がかかります。

我が家の場合も、結局1年近くかかったのかな? 市販の忌避剤、酢、トウガラシ、コショウ、木酢液、正露丸等々、安全かつ効果の期待できるものを、いろいろ試しました。現場を見た時には、嫌な思いをしながら、直接注意もしました。

犬のフン尿マーキングよけには、労力もお金も、そして根気も必要です。

でも、家の周りを犬のトイレにされたくはないので、必死にがんばりました。コロナで犬を飼う人が増えましたが、犬を飼う以上、「自宅で排泄させる。よそでマーキングさせない」ことを徹底してもらいたいです。

犬を飼うという贅沢

犬のフン尿・マーキングとの戦いは、まだまだ現在進行形で続いておりますが。

ネット上で、犬のフン尿・マーキングトラブルについていろいろ調べておりますと、腹立たしい意見がいろいろありまして。中でもこれは見逃せないなと思ったのがこちら。

犬は外で排泄するのが本能なんだから、外でフン尿マーキングするなというのは、可哀想!

可哀想というけど、じゃあ自分でそのような場を用意すればいいのではないでしょうか。

他人の敷地や、道路や、公園や、公共の場所で排泄させるから、いけないのです。外で排泄させる場所を、自分の責任で用意すればいいんです。犬の飼い主が、自分の敷地で排泄させているなら、誰も何も文句は言わないと思います。

犬を飼う以上は、その犬に対する責任があると思います。

犬の生活、すべてにおいてです。当然、排泄をどうするか、も含まれます。

自分の家で排泄させるなら、他の人は誰も、何も言わないですよね。

「うちの可愛い○○ちゃんが可哀想だから~、外でするのが本能だから〜」

だから、よそで排泄させてもよい、ということにはならないでしょう。少なくとも私は嫌です。自分の家の前や、公園や、畑や、まして私有地に侵入されて、犬に排泄されたくありません。

マーキングだから、少しだからいいじゃない?と飼い主が軽く考えて、一匹でも犬に臭い付けされたら、あっという間に多くの犬が、そこを「トイレ」として認識してしまいます。

それは本当に迷惑なのです。

よくフンの置き去りがマナー違反だと言われますけど。

1つのフンの置き去りの裏には、数十件の排尿、マーキングが潜んでいます。臭いがつくことによって、どうしても「催してしまう」犬が出てくるのです。

そして多くの排泄が行われれば、その中で一定の確率で、「フン置き去り」が発生します。

フン置き去りと、排尿と、マーキングは別次元の問題じゃないです。全部つながってます。

排尿、マーキングがある場所には、必ずフンも発生しています。

排尿、マーキングを許せば、かならずフンの置き去りにつながります。

本来、犬を飼うということは、とても贅沢なことなんだろうなと思います。お金も労力も、潤沢に使える人でなければ飼えないです。

しっかり排泄のしつけをすること。

よその敷地や公共の場所をトイレにせず、自前で排泄場所を確保するということ。

お金、かかりますよね~。でもそれをできる人だけが、飼う資格を持つのではないでしょうか。

飼う以上は、きちんと排泄の世話までしましょう。排泄の場所を確保しましょう。他人の土地や、公共の場所ではなく。

それができないなら、犬を飼う資格はないと思います。

犬フン被害の前には、愛想も消える

私は愛想のいい方です。

でも、そんな私でも、先日は不愛想な対応しかとれませんでした。後から振り返って、ちょっと反省しかけたりもしたのですが・・・でも無理でした。やっぱり、もしあの時に戻っても、やっぱり私は不愛想な対応をしたと思います。

それは、犬の散歩をしていた飼い主に話しかけられたときのこと。

その日も私は、畑前の土地(道路)を、草刈りしていました。夏の時期は、草の伸びるのが早いのです。少し放っておくとすぐに雑草の背丈が高くなってしまいます。そうなれば、犬のフン尿、マーキング被害が多くなってしまう。同時に、ゴミのポイ捨てなども発生してしまうのです。

でも、その草刈は本当に体力が必要です。そして、本当は他に畑でやりたい作業があるのだけれど、放っておけば犬フン被害がひどくなってしまうため、仕方なくやっていることなのです。そんな、必死の作業中に、一人の年配女性がのんきな態度で挨拶してきました。しかも、私のすぐそばに、小型犬を寄せてきたのです。

女性「こんにちは(ニコニコ)」

私はまず、犬を寄せられたことに困惑しました。おとなしい犬なのかもしれませんが、他人がしゃがんでる真横に、犬を寄せる神経がわかりません。小型犬とはいえ、何かの拍子に噛みつくこともありますし、安易に近付けるべきではないと思います。

世の中の人がみんな、犬好きだと思っているんだろうか・・・。

うちの可愛い○○ちゃん、という感覚なのだろうが、他人にとってはただの犬・・・。

私は元々動物好きですが、去年からの犬フンマーキング被害に疲れ果てて、だいぶ犬を見る目が変わってきています。少なくとも、犬よけの作業中に、犬をかわいがるつもりも、犬と遊ぶつもりもありません。至近距離にいきなり犬を近づけられて、かなり不愉快でした。

でも、挨拶はしました。

私「こんにちは」

そして黙々と、草刈を続けました。

すると女性は人懐こく、さらに話しかけてきました。私が犬を近くに寄せられて不愉快に思っていることなど、全く気付いていない様子でした。

女性「ハーブが根付いてきたわね。お花がきれいね」

たしかに、ニオイゼラニウムのピンクの花が、少し咲いていました。でも、その女性は知らないのです。私がどんなに苦労してこのハーブを植えたのか。去年の冬、まだ地面が冷たく凍っていた時期から、何度も何度も、繰り返し挿し木をし続けたこと。冬の間はほとんど枯れてしまったけど、ようやく暖かくなって、根付くものが多くなったこと。何日かおきに、何度も何度も、繰り返し繰り返し、挿し木をやり続けて、ようやく今があること。

それでも苗はまだ幼く、繁茂するにはほど遠く。当然匂いも少ないため、犬はまだまだ平気で入りこむし、それをさせる人間がいること。つい先日も、犬をわざわざ、私が草刈しニオイゼラニウムを植えた場所に入れ、排便させている人がいたこと。

また、畑の角には、犬のマナー看板が立っているにも関わらず、そのすぐ横で犬に排尿させている人もいまだにいること。

飼い主公認で犬がごそごそやっているので、立ち去った後にすぐ確認したら、犬の尿臭がひどかったこと。マナー看板の横で、よく犬に排尿させるなあと呆れながら、尿臭を消すために市販の犬の忌避剤をまき、手袋をはめて草をかり、あらためてハーブをいくつか植え直したこと。

私は、好きでハーブを植えているわけではないのです。
マナーの悪い飼い主に対抗するため、仕方なく自分の時間と労力とお金を使って、必死に戦っているのです。

のんきに発せられた「お花がきれいね」と言う言葉に、私は返答できませんでした。

なにか返さないと失礼かなと思いましたが、なにか言おうとしても、攻撃的な言葉しか思いつきませんでした。たとえば、こんなことです。

「花のために植えたんじゃないですよ。犬が嫌う匂いだから、植えてるんです。本当に犬のフン尿やマーキングがひどくて困ってます。一匹やれば次の犬も臭いにつられて、どんどん汚くなるから。何度もフンを片付けたし、ときにはお尻をふいたティッシュまで捨てられてて、犬のマナーには本当にこまってるんです!」

でもそんなこと言えば、喧嘩口調になっちゃうよね・・・。

別にケンカをしたいわけではない。でも腹は立っている。こんなにも、犬に苦しめられているのに、犬を平気で寄せてきて、「花がきれい」だなんて、私から言わせれば「フザケンナ!!」です。

嫌なことを口にして、相手を嫌な気分にさせるよりは、黙っていた方がいいな・・・。私はそう思って、黙々と作業を続けました。「こんにちは」という挨拶はしたので、最低限の礼儀はつくしたと思います。

女性は、私が返事しないことに戸惑ったような感じでしたが、そのまま立ち去りました。私はちょっとだけ、悪かったかなあと思って、でも帰り道、何度考えても、それ以上の対応は思いつきませんでした。何度タイムスリップしてその時に戻っても、やっぱり私は不機嫌に、黙り込んでいたと思います。

犬フン被害の前には、愛想も消えるんです。

似たもの夫婦と犬フン被害

先週は、実は犬の排泄で注意したのがもう1件ありまして。

もうさすがに、私も心が折れかけましたね。こんなに一生懸命、土地をきれいにしてても、草を刈ってても、その姿を何度も見ている人が、平気で犬に排泄させてるから・・・。

普通、そういう姿を見たら、「ああ、ここ手で草刈りしてるんだ。じゃあ犬に排泄させたら悪いなあ」とか思いませんかね?
私が草刈だけでなく、ハーブなども植えて、汗水たらして作業している姿をみていて、それでも後日、その場所で犬に排泄させますかね?

3人組(おばあさんと孫姉妹)に注意してから数日後のこと。

今度は、家の前でなく少し離れたうちの畑の前で、あるおばさんが犬に排便させていました・・・。
そのおばさんは、よく見かける人です。

夫婦で犬を散歩させてるときもあるし、夫だけのときも、妻だけのときもあります。

夫だけのとき、一時期、犬連れでよその土地に不法侵入してましたね。そこの空き地で、犬に排泄させるのが習慣になっていたのです。すぐに持ち主がロープを張って、防ぐようになりましたが。

私はそれを知っているので、「他人の敷地に平気で犬を入れてウンコさせてる非常識な人」として、夫の方を見てました。

奥さんの方は、他人の敷地に犬を入れた姿を見たことがなかったので、奥さんはまだマシなのかなと思っていたのですが。

でも違いました(^^;
やっぱりそういう旦那さんを持つ人は、同じ感性の持ち主なんだなあと。
似た者夫婦です。

その奥さん、うちの畑の前で犬にフンさせていたから・・・。

もちろん、犬のマナー看板立ててある場所ですよ。うちの畑と、アスファルトの道路との境にあたる部分です。草が生えるので、私がいつも草刈をして、ゴミも拾って、きれいにしています。
以前、犬のフン放置がひどかったので、私ががんばって草刈もし、ハーブも植え、手入れしている場所なのです。

草刈をしないで草を伸ばしておくと、小型犬が入り込めないので犬の被害がないかと思いきや、逆に中型犬などは喜んで草に飛び込んでフンをするんですね・・・。

茂った草に飛び込ませて排泄させている飼い主を複数目撃したので、思い切って(かなりの労力ですが)、草を短く刈ることにしました。それまで、犬のお尻をふいたらしき、汚れたティッシュなども捨てられていたりしたのが、草を短く刈ることで多少、ゴミが減った感じです。捨てても目立ちますから、私がすぐ拾ってきれいにします。

草刈しているとき、何度もその奥さんや、旦那さんを見かけました。挨拶もしてます。

向こうは、私がそこを草刈し、汗を流して手入れしている姿を何度も見てるわけですよ。その場所で。

なのにその日は、私がいない(見ていない)と思ったんでしょう。おばさんは短く刈った草の上で、犬に排便させてました。

私が駆け付けると奥さんはかなり慌てた様子で。

私は「ここでウンコされると、他の犬もみんなしたくなっちゃうんです。ここではさせないでもらえますか?」と、かなり丁寧にお願いしました。

でも内心は、かなり怒ってました。

これまで何度も、私が汗まみれで草刈している姿を見ているくせに。犬のマナー看板のあるすぐ横で、よく犬に平気で排便させますね?

わざわざその場所に犬を入れなければ、犬はそこでフンをしないです。仮にそこに飛び込んだとしても、リードを引っ張って「ダメ」と言えば、犬はそこで排便しません。飼い主の「そこでしなさい」という意志があるから、犬はそこでフンをするんです。

でも心の中では怒っていても、言葉は丁寧に、お願いする形にしました。道路とうちの畑の境ではあるけれど、敷地内というわけではないので。

けれど、人が手入れしている場所で、犬にフン尿・マーキングさせるのは明らかに非常識だと思います。

周りは放棄地や、川沿いなど、草が生えっぱなしの場所がたくさんあります。でも、その人はあえて「草刈してある綺麗な場所」を選んで、犬に排泄させているんですよ。

周りに比べたら、断然きれいな場所です。草を短く刈っているから、まるでドッグランみたいにも見えます。犬の嫌うハーブも挿し木しましたが、まだ大きく育っていないので、犬も平気で入りこめてしまうんだと思います。

でも、常識のある人は、散歩でアスファルトの道路部分は通っても、わざわざ犬を草のところに入り込ませたりしません。私が見ていると、ほとんどの人は、アスファルトの道路を通るだけです。草のところまでわざわざ犬を入りこませる人は「フン尿・マーキング目的」の人だけです。

おばさんは、「いつもはこんなことないんですよー。すみません」と謝りました。私はそれ以上、なにも言いませんでした。

でも本当に腹立たしく、また悲しかったです。フンはとっていってくれたけど、確実に臭いはついてしまったから。フンも全部回収できるわけなく、多少残りますし。フンだけでなく、排尿もしてるでしょう。それに、今日だけじゃないですね。私がいないとき(見ていないとき)には、いつもそこで犬に、排泄させているんでしょうね。わざわざアスファルトの道路を外れて、そこに犬を入れてる時点で、意図的だとわかります。

これもまた放っておけば、次の犬が臭いに誘われて、あっという間に犬のトイレ化してしまいますから。

仕方なく、おばさんが去った後、また新たにハーブを植える処置をしました。草地に手を触れるのは、気持ち悪かった。どこにフン尿がついているかわからないから。

情けなく、腹立たしく。でも今処置しなければ、後から来た犬が、追いがけしたくなっちゃうから。

一刻も早く、臭いを消す必要があります。

やってもやっても、非常識な飼い主が次々とあらわれて、この場所から犬の臭いは消えないのかもしれません。でも放っておけば、悪化するばかりです。

黙々と、ハーブを植えました。これも、どこまで効果があるかわかりませんし、根付くかもわかりません。以前、この作業をしているとき、通りがかった人に声をかけられました。犬に困っていてハーブを植えている話をしたら、「非常識な飼い主にはかなわないよ。だって毎日来るじゃん。とても無理だと思うよ。いくらハーブ植えてもさ」

気の毒そうに言われました。その方も、犬のフン尿放置を、何度も目撃していると言いました。

「ひどいのは田んぼに放りなげていくもんね~」と。

私も、見たことがあります。田んぼの中に、フンを放り投げていくのです。

でも、諦めたら終わりです。一歩一歩、自分にやれることをやっていくしかありません。何もしなければ、もっと不潔な場所になってしまいます。

飼い主さん。犬の排泄はよその土地ではなく、自分のうちでさせましょう

私有地も、道路も、公園も。そこは犬のトイレではありません。
フン尿をさせるために散歩させるのはやめてください。

散歩は犬の排泄のために行うものではありません。排泄させてから出かけましょう。

犬の不法侵入のその後

犬にロープをくぐらせて、わざわざ我が家の芝生でおしっこさせていた3人組。顛末については、前回の記事に書いた通りなのですが、その後についてのご報告。

その後、4日間にわたって、彼女らが来ていた時間帯に家の前で見張っていたのですが、彼女らが再び来ることはありませんでした。さすがに私の怒りが伝わったのかな?

彼女らを最初に注意したときは、平気な顔で、悪気なく30分後に戻ってきたので呆気にとられたのですが、再度の注意によって、さすがに私が怒っていることはわかってくれたみたいです。来ないっていうことは、散歩コースを変えたのかなと思います。

でも、4日間にわたって見張っているのはかなり負担が重かったです。これを今後ずっとというのは無理。そんなに暇じゃない。

でも今後ずっとは無理でも、現場を押さえた直後の4日間は重要なんです。ここで、相手がまた同じことを繰り返したら、すぐに注意する必要があります。ほっといたら駄目だと思う。

この4日間。

彼女らが来る時間帯。18時30分が近付くと、芝生に水をまきました。犬が入り込んで排泄するのを防ぐためです。ついでに道路際にも水をまきました。なるべく境を歩かないようにさせたくて。たとえ、うちの敷地に入りこまず道路だったとしても、フン尿やマーキングされると臭いが残ってしまうのです。そうなれば後から来た犬が、つられて排泄したくなってしまいます。

そうなれば・・・せっかく我が家の前が犬のトイレにならないよう、半年以上かけて努力してきたのが全部無駄になってしまいます。去年、気が付いたときには本当にひどい状態でしたから・・・。来る犬来る犬、ほとんどが、フン尿やマーキングをしてました。フンはとっていってくれましたけど、だからといって家の前が、散歩中の犬のトイレになっている(それが当たり前になっている)状況は、私にとって耐えられないものでした。

毎朝のように、家の前と畑を見回り、木酢液や忌避剤、正露丸などをまきつづけた日々。本当に大変でした。でも、気を抜けばまたすぐ、元に戻ってしまいます。雨が降れば木酢液も、忌避剤も正露丸も、みんな臭いがなくなってしまうから。

雨上がりは特に、気を遣います。

どちらが先に臭いをつけるか、の勝負なのです。
私が早ければ、犬はフン尿マーキングしませんし。

私が一歩遅ければ、どこかの犬が一番に臭いをつけ、その後はその臭いに惹かれ、次々と散歩中の犬が追いがけしていくので。いくら木酢液などで対策しても、犬の臭いが勝ってしまえばそれまでなんです。デッキブラシで道路をこすったり、もっと強力なものをふり撒けば別かもしれませんが、そこまではできないですし。

半年以上かけて、本当にがんばって、家の前で犬が排泄する習慣をなくしたのに。
3人組に、いとも簡単に、当たり前のように犬のおしっこをされてしまったのは本当にショックで。

今週はずっと嫌な気分でしたね。ずっとそのことを考えていた。でも忘れるわけにもいかないし、行動しないわけにもいかない。なにもしなければ、3人組はしれっとまた来るかもしれなかったので。

拒否の意思を示すには、現場を見張ることが一番効果的でしょう。排泄の現場を押さえたら、またその場で注意すること。もうそれしかありません。

犬のマナー看板がある場所で、しかも、ロープが張ってある場所で、わざわざそれをくぐらせて飼い犬に芝生の上で排泄させているのですから、もう排泄現場を押さえて注意する以上の手段はありません。

4日間、彼女らがあらわれなかったことにはほっとしたけれど。(また注意するのも嫌ですから)

でも、今後、またふっと現れる可能性もあるしなあ。

犬はまだ若かったです。たぶん1歳くらいじゃないかな? 毛並みがツヤツヤしてましたし、今後10年以上にわたって近所を散歩するのだと思います。今はうちの前を通らないけど、いずれまた通る可能性を思うと、もう本当にうんざりです。

なぜ、人の敷地で(手入れした芝生の上で)、入らないように張ったロープをくぐらせてまで、犬に排泄させるのでしょうか?
何度も何度も考えましたが、本当に理解できない行為です。

子供だけならまだ、わからないでもありませんが。

70才くらいの分別あるはずのおばあさんが、孫のそうした行為を目の前で見てとめなかったなんてねえ。しかも注意されて、「フンはとってます」とか。そういう言い訳、平気でしちゃうところが罪の意識がないんだなあと。

でも、子供だって小3か小4くらいでしたから。十分善悪はわかってる年齢ですね。それでも一切謝らなかったからなあ。リードを持っているのは子供でした。
おばあさんは謝ったけど、でも子供には謝らせなかったです。それもどうかと思う。

そもそもフンは持っていくの当たり前ですが、それ以前に。
人の家の前で排泄させてはいけません。
それと、フンは駄目で、尿はOKではないので。
どっちもダメだからね。とにかく、フン尿・マーキングはお断りします。やるなら、自分の家の庭、もしくは自分の家の前の道路でどうぞ。

わざわざ散歩で、人の家の前に犬を連れてきて、排泄なんかさせないでほしい。

芝生がきれいだから、きれいなところで犬に排泄させたかったのかもしれないけど。

そこで草取りや草刈をして、手入れしている人のことを何も考えなかったのか? 
あなたの犬のトイレにするために、手入れしているわけじゃないんだよ・・・。

以前はここまで犬のマナーが悪くなかったと思うんですが、ここ数年のことなのでしょうか?

犬の排泄マナーが、異常なことになっているように思います。
犬を飼う人が増えたのか?
たしかに、散歩の数自体は激増しているような感じ・・・。
犬を飼う人のマナーの悪さには、本当に困っています。