『ガラスの仮面』世界における速水さんとマヤを語る その2

 前回の続きです。

 ガラスの仮面について、思うところを語っております。ネタバレも含んでおりますので、未読の方はご注意ください。

 速水さんについては、「もっとマヤに対して積極的に出てもいいのに」なんて思った時期もありましたが、あらためてガラスの仮面を全体的に読み返してみると、いろいろためらうのも無理はないか~、なんて納得しております。

 紫のバラの人が自分だという告白を、決意しているような場面もありました。

 ただタイミングが悪くて、それも流れてしまう。運命って、こんなものかもしれません。

 なぜそのタイミングでそれが起こる・・・的な何か。決意も、大きな流れの中にはあっさり呑みこまれてしまう。その大きな波を、乗り越えるほどの燃え上がる何か、強い力があればまた、事態は変わっていくのですね。

 いつか、感情がもっともっと揺れて大きく燃え上がったら、そのときには。

 たとえなにがあろうとも、自分の気持ちを告げずにはおられない日が来るのかもしれないと、そう思います。

 そしてそのときには、たとえ周りがとめたとしても、きっと速水さんはマヤに告げずにはおられないはずです。

 真っ直ぐに、マヤの目を見て。

 義父の英介に見合いを強要されたとき。

 思わず、マヤのアパートへ行ってしまった速水さんがせつなかったです。

 行ったからって、マヤに会うわけでもなく、ただ窓から漏れる灯りを見上げてた。

 なんなんだその行動(^^;

 そういうのって気持ち悪い、と一刀両断される方もいるのでしょうが、でもこの場合、わかるなあ・・・。

 

 仕事に没頭して、紅天女の上演権を自分の人生の最大目標にした。

 それって別に、速水さんが生きがいを感じてそうしたわけじゃないんですよね。

 逃れたかった。いろんな苦しみから。紅天女さえ手にしたら、自分の心が救われるんじゃないかと、そう考えたから必死になって仕事にのめりこんだんですよね。

 紫織さんとの結婚は、大都芸能と鷹通グループとの確固たるパイプを意味するわけで、速水さんがそれを厭わしく思うことも、拒む理由も何ひとつない。

 もしマヤと出会っていなければ、彼は喜んでこの結婚に乗ったと思います。

 むしろ速水さんの方から、一刻でも早い結婚を進めていったのではないかと。

 紫織さんを手玉にとることくらい、簡単だったと思うし。

 でも、マヤに出会ってしまったから。

 マヤと一緒にいるときの幸福感を知ってしまった今、紫織さんとの結婚はもう、魂レベルで拒否反応をおこしても無理はないかも・・・。

 英介の言葉に、理性では納得しても心がついていかなかった。

 だからフラフラとマヤの元へ向かったんだろうなあ。だからって、本人と会うとかそんなのじゃなくて、少しでもそばにいたかったというか。近くにいることで癒されるから。

 なにやってるんだろう、オレ・・・という心の呟きが、聞こえてきそうな一コマでした。

 窓から見える人影を見上げながら、ただ立ち尽くすだけ。他になにもできない。

 そりゃまあ、そうですね。

 マヤを訪ねていったとして、何も言えるわけないですし。

 (以下妄想)

 

 トントン。

 マヤ「は、速水さん? 何なんですか。どうしてここに?」

 速水「チビちゃんの顔が見たくなった。義父から見合いの話があってね。それで、チビちゃんに会いたくなった」

 マヤ「全然わからないんですけど。速水さんのお見合いと私となんの関係が?」

 速水「きみに会いたいと思った。声を聞きたいと思った。おれはどうかしているな」

 マヤ「?????」

 (妄想終わり)

 ばか正直にマヤを訪ねていって、会ったとしたら。

 上記の妄想のような会話が繰り広げられたのでしょうか。でも速水さん、救われませんね、全然(^^;

 マヤは戸惑うばかりだろうし、速水さんだって、自分がどれだけおかしな言動をしてるか、頭の隅では理解しているだろうし。

 理性でマヤを諦める速水さんだからこそ、紫織さんには罪な言葉を囁けるんですね。

>真澄さま まわりの方達が

>音楽だけをきいていなさい

>でもみんながみていますわ

>ではぼくだけをみていなさい

 あらためて漫画を読み返すと、速水さん、けっこう罪深いこと言ってます。

 速水さんにとってはなんでもない言葉かもしれないけど、こういうこと言われたら紫織さんはぽーっとなってしまうだろうし。

 マヤを諦めると決意した上での、紫織さんへの甘い囁きだったんでしょうが。

 結局、心は勝手に暴走していくので、マヤへの思いは速水さん自身にも制御不可能なことでありまして。

 無意識レベルでの合う、合わないという感覚は、バカにできません。

 いい悪いではなく、心に不協和音が生じたら、それはもう「間違ってる」という合図なんだと思います。無理して押し進めても、きっとどこかで破綻する。

 ここまできたんだから、なんて時間の長さを言い訳にするのは、愚かなことかもしれません。

 その心の違和感をずっと抱えたまま、このまま生きていくのですか? ということで。

 

 速水さんが紫織さんと一緒にいるとき。

 きっとザワザワ、心にうごめくものを感じているんですよね。それは、瞬間的に放り出してしまうほど強烈な刺激ではないけれど、常に絶えることのない不快感で。

>平気ですわ 雨の中でも 真澄さまとご一緒なら歩いていきます

 たとえば、こんな場面。その後の絵が、速水さんの心中を端的に表していました。

 速水さんの頬を伝う一筋の汗と、速水さんの腕にそっと絡みつく紫織さんの両腕。

 

 見た瞬間、ぞわぞわきました。

 あー、この感覚わかるなあって。

 神経がざわざわと波打つ感じ。不協和音。

 なんともいえない不快感と強烈な違和感。違う違う違うって、心の中で誰かが全力で叫ぶ感覚。

 紫織さんが悪いというのではなく。これはもう本当に、相性というものなのだと思います。

 違和感を感じたら、近付いたらダメだと思う。

 いい人悪い人、そういうもの関係なく。

 近付いた瞬間、触れられた瞬間にわかるものってあるんですよね。

 

 たとえば好きな人の手が、そっと肩に触れたら。

 ものすごい幸福感で、自動的に満たされる。もう理屈でも努力でもない、圧倒的な陶酔が全身を駆け巡る。

 それは、とめようと思ってもとめられるものではなく。

 もう無条件に、幸せになってしまう。

 反対に、どうしても合わないと思う人の手が、肩に触れたら。

 そこだけに神経が集中して、全身が緊張して、嫌悪感がひたひたと体中に浸みていって、どうしようもなくイヤーな気分になる。

 速水さん、やっぱり紫織さんとの未来は無理ですね。

 紫織さんがそっと手を触れただけで、無意識に拒絶しちゃってますから。じゃなきゃ、冷汗なんて出ない。

 これは努力でなんとかするような類のものじゃないので。合わない人と、無理に一緒にいるのはお互いに不幸だと思いました。

 不快な思いを我慢しつつ数年間は過ごせても、一生は無理です。

 少し長くなりましたので、続きはまた後日。

ガラスの仮面 (第1巻) (白泉社文庫)
美内 すずえ
白泉社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。