『猫ヘルパー』がすごい

最近、アニマルプラネットで『猫ヘルパー』というアメリカの番組を見ているのだが、これが面白い!
暴れん坊だったり、粗相をしたり、様々な問題行動をおこす猫ちゃんたちの飼い主を、猫の行動専門家のジャクソンが、指導し助けていくという内容だ。
ちなみに番組に応募してくる飼い主は、99パーセントの確率で、彼ら自身が困ったちゃんである(^^;

たいていの場合、猫の問題行動の原因は、飼い主の誤った飼い方にあり。それを毎回確認する番組でもあるのだ。

ジャクソンは、スキンヘッドの刺青男。街で見かけたら絶対に近付きたくないタイプのおじさんだ。でも、いかつい見かけとは正反対に、心優しく、辛抱強い人。クライアントの失礼な態度にも、顔色を変えず、嫌な素振りもみせず、まずはじっくり相手の話を聞く。

この番組を見ていて思うのは、依頼者が妙に偉そうで、しかも無責任だということ。生き物飼うのって、ひとつの大きな責任を持つということだと思うのだが、結構簡単に、「問題が解消できなければ手放すしかない」とか言うんだよなあ。もっともっといろんなこと試して、全力で立ち向かって、その上での発言ならわかるけど。ジャクソンに依頼する前に、あなたたちはいったいどれだけの努力をしてきたのか、と聞きたくなってしまう。
そして、ジャクソンの出す宿題を、まじめに一生懸命やる人の少なさよ(^^;

まあ、仕方ないか。だからこそ番組は成り立つわけで。そもそも、ちゃんとした人はちゃんと飼っているから、そうそう猫が問題行動起こすことはないし、あっても解決策を必死に求めるから、番組に応募する前に、解決策はみつかるだろう。

毎回、依頼者の横暴さ、怠惰さ、無責任さに腹を立てつつ、でも夢中になって見てしまう、そんな番組です。

私は昔は猫はあまり好きではなかったのですが、この番組を見ていたら猫が愛しくなってきました。猫にしつけはできない、というのも間違いだとわかりました。猫は、犬に負けないくらい知能もあって、感情も豊かな動物なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA