『ガラスの仮面』世界における速水さんとマヤを語る その1

 『別冊花とゆめ』3月号を読んでから、私の中でガラスの仮面熱が高まっております(^^)

 ということで、思いきって文庫本の1巻から23巻まで、読み直してみました。

 以下、感想を書いておりますがネタバレも含んでおりますので、未読の方はご注意ください。

 3月号の速水さんが素敵だったから、という理由で読み直したのですけれど。

 新たな発見が2つありました。

 1つは、「実はマヤが速水さんを好きな気持ちより、速水さんがマヤを愛する気持ちの方が大きいのではないか」ということ。2つ目は、「あれほど魂のかたわれを論じる月影先生だが、実は一蓮に対しては片思いなのでは?」という疑問です。今日は主に、1つ目の発見を中心に語ろうと思います。

 最初の巻から読み直すと、結構早い段階で、速水さんはマヤに惚れちゃってるんですね。

 まるで重力に引かれる物体みたいに自然な感じで。

 この漫画の中で多用される言葉、「魂のかたわれ」がぴったりくる感じです。

 もうどうしようもなく、マヤに惹きつけられ、紫のバラの人として陰になり日向になり、彼女を励まし支えていく。そのためなら、彼女に憎まれることも厭いません。

 マヤが元気に、演劇の道を邁進していくこと。

 それが速水さんの、一番の願い。

 その願いの端っこの、ほんの少しの部分に「愛されたい」とか、「一緒にいたい」なんていう気持ちがあるような気がしました。

 もちろん彼は、それを当然だなんて思っていないわけです。

 自分には過ぎた願いだけれど、絶対無理だけど、でもでも。

 もしもこの願いが叶えられたらいいなー、なんていう、儚い望み。

 願うそばから、自分で「そりゃー無理だよね。ええ、ええ、わかっておりますとも」なんて、うんうんとうなずいているイメージがあります。

 自分はマヤの横になど立てない。

 母親の死のこと、紅天女の上演権のことなどで、マヤには忌み嫌われている。

 一生好きなんて言ってもらえない。

 紫のバラの人としての、正体を明かすこともできない。

 憧れ続けた紫のバラの人が憎み続けた速水真澄だと知れば、紫のバラの人を心の支えにしていたマヤが傷つくから。

 ずっとマヤを見守っていて。

 マヤが成長するのを、まぶしくみつめていて。

 そんな資格なんてないことを知りつつ、マヤに近付く桜小路君や里見茂に嫉妬して。

 マヤが里見茂と初恋宣言したときだったかな?

 速水さん、持ってたグラスを握りしめて割っちゃってたような。

 嫉妬するにも程があります(^^;

 

 里見茂は、マヤとお似合いだと思いました。

 年も近いし、なによりマヤの心が動いてる。桜小路君に対しては友達以上の感情を持てないマヤが、ごく自然に恋した相手。それが里見茂。

 もしも本当にマヤの運命の相手が速水さんなら、マヤはあんなふうに里見茂を好きになっただろうか?と疑問に思ってしまいました。

 魂のかたわれって、もっと強力なものじゃないのかなあ。

 相手の立場もなにもかも関係なく、ただその魂に恋焦がれるというのなら。

 紫のバラの人が実は速水さんだった、という衝撃から、マヤの恋心は一気に描かれていますが。

 (そりゃ多少は、それ以前にも、実はいい人なんじゃ?的な、好意を予感させる描写もありましたけど)

 あくまで、マヤがはっきりと速水さんへの恋心を自覚したのは紫のバラの人の正体を知ったとき以降で。

 バラうんぬん関係なく、よくわからないけど不可抗力な超ミラクルパワーで速水さんに惹かれていく、というのがなかったような気がするんですよね。

 本当に運命の人なら、バラ関係なかったと思う。

 マヤ自身が不思議になるくらい、「あんなゲジゲジの、冷血漢の、大っ嫌いな速水さんなのに、一緒にいると胸がザワザワ、どうしようもなく苦しくなる」っていう展開があったと思うんですよね。

 いや、実際ちょっとはそういう場面もあったと思うけど、もっともっと強烈に、どうしようもなく感情が突っ走るような究極の暴走場面、あったと思うんですよね、それが魂の半身なら。

 ハッ!! これはもしかして自分、速水さんを好きになっちゃったんじゃなかろうか、とマヤが気付かずにはおられないような、決定的な感情の動き。

 自分の置かれた立場とか状況とか、普通に見れば好きになることなどない相手なのに。

 感情が意志とは関係なく動きだして、「好きだ、好きだ」って叫び始めてしまうという、そんな心が引き裂かれるような痛みの場面、紫のバラの人の正体がばれる前には、なかったような。

 

 マヤにとって、紫のバラの人ってものすごく大きかったわけですよね。

 一番最初についたファンで、困ったときにはいつも助けてくれて。

 マヤの演劇に、お世辞でない興味を抱き、毎回かかさず見てくれる。感想をくれる。

 マヤが抱いた紫のバラの人に対する期待、憧れ。そういうものが全部、速水真澄という人物にスライドした。

 だからこそ、正体バレの後、マヤちゃんは「速水さんが大好き」状態になっているわけです。

 じゃあ逆に紫のバラの人がいなかったら、マヤちゃんはそこまで、速水さんを好きにはなっていなかっただろうと、そういうことにもなりますね。

 読み返してみて、すごく感じたのです。温度差。

 速水さんが、マヤに出会ってどんどん惹かれていく過程。

 すごくリアルで、共感できた。

 ああ、私が速水さんだったら、やっぱりマヤを好きになっていただろうなあっていう。

 速水さんにとってマヤは、救いの女神だったと思うんです。

 

 冷血漢、と人からは呼ばれ。心のすべてを凍りつかせたような人でしたが。

 その状況がつらくなかったといえば、それは違うだろうなあって。

 つらさは絶対、あったと思うなあ。

 苦しいんだけど、でも出口は見えない。

 なにをすれば救われるのか、わからない。

 

 彼が唯一、救われると信じていたものは「紅天女の上演権」。

 それを手に入れ、自分の力で、自分の思い通りに紅天女を上演すること。

 義父の目前でそれをやり遂げること。

 そしたらこの苦しさから逃れられる、と彼は思っていた。

 自分が諦めたいろんなものも、そのときならば、復活するのでは? なんてね。

 でも、実際に速水さんが紅天女を手に入れても、きっと彼が思っていたようには、事態は変わらなかったと思う。

 そのときこそ、彼はどうしようもない絶望にとらわれたのではないかと。

 もう他に、打つ手がないから。

 

 きっと、マヤは速水さんがいなくても生きていけると思う。

 誰かと普通に恋をして、結婚して。

 里見茂と、いい関係を築けたように。他の誰かとだって、縁があれば心を通わすことができる。

 そして、大好きな演劇を続けていれば、それで幸せ。

 もし速水さんと添い遂げられなくても、それはそれで、いつか懐かしい思い出になるような。

 でも速水さんは。

 マヤと一緒になれなかったら、その後の人生は、生きながら死ぬようなものではないかと思いました。 

 マヤと出会うまで、誰にも心を動かされなかった人ですからね・・・。

 マヤでなければダメなんです。

 マヤでなくていいのなら、とっくに他の誰かと、それなりに楽しい時間を過ごしていたと思います。

 出会ったときから、右肩上がりで着実にマヤを好きになっていった速水さんですが。

 昔は、ためらうマヤを平気で、お姫様だっこしてボートに乗せちゃうような余裕もあったんですねえ。

 なのに、社務所で一夜を明かす頃にはマヤが大事過ぎて、抱きしめることしかできない。

 それ以上には、踏み込めないってことで。

 社務所といえば、速水さんの理性はすごいです。

 大好きなマヤを、一晩じゅう抱きしめていたあの体勢。

 眠れなかったでしょう(^^;

 マヤは、いくら疲れているとしてもあっさり寝ちゃってました。

 うーん。そこで寝るかなあ。

 大好きな人と、ハプニングで抱き合って眠ることになったら、ドキドキしすぎて眠るどころじゃないと思うんですが。

 やっぱり互いを思う気持ちの強さは、速水>マヤ なのかなあと、あらためて実感するシーンでした。

>おれはきみを嫌いだと思ったことは一度もない

 ああ、このセリフって。

 速水さんにしてみたら、精一杯の告白だったんだなあと。

 好きだなんて言えない。

 じゃあ、こう言うしかないじゃないですか。「嫌いじゃない」って。

 嫌いじゃない=大好きだー!! ですよね、この場合。

 どんな気持ちで、マヤに告げたのかと思うと、せつないものがあります。

 いつもどんなときだって、速水さんはマヤを見ていた。ずっと愛情を注いでた。

 でも本当のことなんて言えないから。

 言えばマヤを戸惑わせるだけ。傷つけるだけ。

 

 お互いに言い訳できる状況で、身を寄せ合って一晩を過ごしたことは。

 言い訳ができるだけに、互いの愛情を確かめる証にはなりませんでしたね。

 寒くて凍えていたから、寄り添っただけ、という・・・。

 そう言い訳できることを嬉しく思いながら、でもその言い訳に呪縛された二人であったと、思います。

 相手の好意を確信できる、そういう事実にはならなかったから。

 朝日の中で。

 マヤの寝顔はどんなに眩しく、速水さんの目に映ったことでしょう。

 長くなったので、続きはまた後日。

ガラスの仮面 (第1巻) (白泉社文庫)
美内 すずえ
白泉社

速水さんについて、思うこと

 ガラスの仮面、別冊花とゆめの3月号を読んでから、しばらく熱にうかされたように、いろいろな二次創作物パロディを読み漁っていました。

 二次創作の数、すごいですねえ。

 あらゆるところで、本編に刺激されたパラレルワールドが展開している。

 中でも、私が特に気に入った一作がありまして。

 不思議なんだけど、その作者さんの他の作品にはそれほど、心ひかれず。いや、正直に言えばたしかに、他の作者さんに比べれば、私好みの作品をたくさん書いていらっしゃるのですが。

 それでもその、私の心をとらえた一作だけは、本当に傑出してました。

 大好きです、この話。

 著作権があるので、載せられないのが残念。

 自分だったらこういうパロディ作品を書きたいなあと、ぼんやりしたイメージがあったところに、まさにそのまんまを描かれていたので驚愕しました。自分のイメージでは描ききれなかった細部まで、丁寧に。しかも予想外のサプライズも有り、盛りだくさんでつくられている。素敵な作品でした。

 その作品の中で速水さんは、やはりマヤの前では臆病で。

 でも追いつめられた状況の中でようやく、動きます。

 そして、もう全力で、これ以上できないってところまで力をふりしぼって、マヤの行く末のために尽力するのです。

 速水さんはやはり。

 優柔不断とそしられるほどに慎重で、怖がりで、でもそれって無理はないなあと、あらためて思いました。

 そりゃ私も、今まで速水さんの奥手っぷりにはこのブログで苦言を呈したりしてきましたけども。

 じゃああなた。あなたがもし速水さんだったら、どうよ。 

 ちゃんとマヤちゃんに告白できますか?と問われたら、自信を持って「NO」と言えますね。

 言えるはずもない。

 絶対気持ちは封印します。

 どんなに気持ちが昂ぶっても、全力を挙げてそれを阻止します。

 

 なぜって、うまくいかなかったときに受ける打撃が、大きすぎるから。

 まず、精神的な打撃ね。

 これは、マヤちゃんが好きな気持ちが大きいほど、その本人から拒絶されたらもう、これは決定的に傷つく。ボロボロになると思う。

 誰になにを言われようと速水さんは平気な人だと思うけど、マヤだけは特別。なんというか、心を開いてる感じがするのね。

 それで、その開いた口からナイフを突っ込まれたら、そりゃもう、大怪我しますよね。内面は、とてもやわらかいと思う。だからマヤに対しては他の人以上に、虚勢をはらなければいけないし、防御する必要がある。

 ナイフでなくても、それが爪でも。先のとがってない棒であっても。

 たぶん、速水さんの心にはなにも、緩衝材なんてなく、まっさらな状態だと思うから。臆病になるのも仕方ない。

 それと、社会的な打撃。

 まあ、いちおうそれなりの企業の社長なので(^^;

 女優に真剣に恋をしてあげく振られたとなると、体面が悪いかなと。

 ああ、でもこれは、精神的なものと比べれば、軽い要素かもしれませんが。

 ただ、速水さんも自分の立場にはそれなりの責任を負っていると思うので、その意味では。マヤに対して慎重になる、自分の立場を慮って、というのはあると思います。マヤのいる世界とまったく関係のない学生とか、会社員だったら持つ必要のない一線を、速水さんは社長ゆえに、もっているのでしょう。

 それでもって、冷静に状況を分析してみたら、普通に考えたらマヤに嫌われてると考えても無理はないというか。それは妥当な判断ですよねーっていう。

 マヤの母親の死。

 私は速水さんにそれほど責任があることとは思っていませんが、それでもまったく責任がないかといえばそんなことはないわけで。

 マヤが母親の死を悲しむあまり、誰かを憎むことで楽になろうと望むなら、その相手は速水さんしかいない。

 そして実際マヤは速水さんをなじり、怒り、罵ってきた。これは現実にあったことです。

 そんな相手に、誰が正気で愛の告白などできるでしょうか。

 しかも、マヤが速水さんに惚れる要素って、あんまり見当たらない・・・。

 容姿端麗っていうのは、人それぞれの好みですしね。

 たしかに速水さんはかっこいい設定。

 でももし速水さんが、マヤが一目ぼれしてしまうほど好みにピッタリだったら、出会ってすぐに惹かれていたでしょうが。最初の頃はマヤが興味を示すような様子などなかったし。

 いくらかっこいい、と世間的に言われる容姿であっても、マヤの好みじゃなかったら、意味ありませんしね。

 そして社長であるという立場とか、経済力。

 マヤには、まーったく興味のない分野でしょうね。よってパス。

 頭脳明晰。

 これは・・・マヤは尊敬はするでしょうけど、だからって恋愛には結びつかなそう。

 結論。

 マヤは、速水さんには惚れないでしょう、第三者的立場から、冷静に観察すれば。

 ただ唯一、これは好きになってしまう要素かも、というのがあります。

 それは、速水さんが紫のバラの人だった、という事実です。

 マヤが、「速水さん=紫のバラの人=大好きな人」として告白をしたら。

 あーこれは。

 この要素だけは、速水さんも納得する部分かもしれませんが。

 「あの子がオレを好きかもしれない」っていう確信を持つための、唯一、本物っぽい理由かもしれませんが。でもこの要素は、あまりにも脆い。

 憧れ、ですもん。

 憧れなんて、あまりにも脆くて、それに頼るのは危険すぎる。

 十代の女子、それもあまり恵まれず、様々な困難の中、天涯孤独のようにして生きてきたその、心の支えだった存在。

 そりゃあね、あしながおじさんを好きになるのも無理はない。

 淡い恋愛感情のようなものが、生まれるでしょう。

 でも果たしてそれって、長く続くのか?と問われれば、私は続かないと思う。

 憧れは、夢みたいなもの。いつか、覚める。

 いつか身近に、マヤと同年代の、マヤにお似合いの男性が現れたら。

 遠くから間接的にマヤを支える紫のバラの人としての存在でなく、実際にマヤの横に立ち、その手をとり、同じ時間を共有するリアルな人間が現れたら、その人の方がずっと強い。

 もしも自分が紫のバラの人として愛されたなら、その愛ははかないもの。いつか、砂でつくったお城のように、時が来ればさらさらと崩れ落ちてしまう。

 そのことを、考えない速水さんではないと、私は思うのです。

 私がもし速水さんだったら。

 もしマヤが紫のバラの人の正体を知り、目の前で告白してくれても、それを心底は喜べないかもしれない。紫のバラの人を通しての愛情だと、そう思うから。

 速水真澄個人への愛情ではないと、それを冷静に分析しちゃうからなあ。

 

 なんか、どっちにしろ救いのない話ですね。

 マヤに好きだと言われなければ、一生片思いで。

 たとえ好きだと言われても、「それって紫のバラの人が好きなだけだし・・・いつか君も、現実の、君にふさわしい人を好きになってしまう・・・」って思うわけで。

 どっちにしろ幸せな気分にはなれないっていう(^^;

 あ。ちなみに3月号では、マヤははっきりとした告白はしていませんよね。

 あれってあくまでも演技だと、速水さんは解釈してると思います。

 紅天女を演じて、その姿に速水さんは魅了されて、自分の想いを抑えられなくなってしまったけれど。

 あれは、マヤに告白されたとは思っていないと思います。

 「少なくとも、前のように毛嫌いされてはいないようだ」という思いはあるようですが。だからこそ勇気をふりしぼって、別荘へ誘ったわけです。

>「今度遊びにくるか?」

 渾身の力を振り絞って口にした一言。

 この後の、「うわー、オレついに言っちゃった・・・」の照れ顔がツボでした(^^)

 それと、3月号の時点では。

 マヤに紫のバラの人の正体がばれていると、速水さんは気付いていません。

 そして、以前からマヤが紫のバラの人に憧れを抱いているのは知っているので、たぶんあの、背広を抱きしめた演技も、心のどこかでは「紫のバラの人を思って抱きしめた?」と思っているんではないでしょうか。

 もし紫のバラの人が速水さんでなかったら、嫉妬の炎がメラメラ燃え上がってたと思いますが、紫のバラの人=自分、なので、速水さん、軽い陶酔感があったんじゃないかと。

 あの子が心をこめて演じているその先に居る幻影は、たとえ幻影であっても紫のバラの人=自分、なのだと。

 船上で、速水さんは「阿古夜を演ってくれないか?」としか言っていない。マヤが一真を誰に重ねて演じているのかは、速水さんの立場からしたら、謎ですからね。(読者には丸わかりですが)

 恋愛って、不思議なものだと思います。

 条件じゃないから。

 好きになる要素がなくても、なぜか心が動いてしまう、惹かれてしまう、自由意志を越えた部分で。

 マヤは速水さんを好きになり、速水さんはマヤを好きになった。

 だからこそお互いの思いを信じられない。

 あの子が、(あの人が)、オレ(私を)好きになるはずなどないと。

 その人のなにが、そこまで自分の心を震わせるのか。

 どうして他の人では、駄目なのか。

 なぜ好きになったの?と問われても、明確な答えなんて出ないでしょう。

 速水さんもマヤも、同じ言葉しか言えないと思います。

 「なぜかはわからない。でも、マヤ(速水さん)でなくては駄目なのです」と。

 よーく考えると。

 速水さんに、もっと勇気を出してドーンと告白しろ、マヤをリードしろって言うの、酷な気がしてきました。

 自分だったら、とても言えない。失うものが多すぎる。 

 マヤに拒絶されたら、どうしたらいいかわからない。

 いろんなものが音をたてて崩れ落ちて、そのことに耐えられる自信がない。

 むしろ、マヤこそ、積極的になるべきなのかも。

 身軽ですもん。

 なんにも背負ってないというのは、言い過ぎかな。

 たとえば。速水さんが本当はすっごく傲慢な人で。マヤのことなんてちっとも思ってない、それこそ、ただのチビちゃん、商品としての女優を慈しんでいる人だとしたら。

 マヤの一世一代の告白を、かるーく笑い飛ばす可能性もあるわけですよ。

 「なんだチビちゃん、どういう風のふきまわしだ。

 オレに婚約者がいるのを知っての戯れか。これは大スキャンダルだな。

 まあいい。生憎きみの気持ちには答えられないが、きみがオレを憎んでいないと知ってうれしいよ」

 たとえばですね。上記のようなことを言われて、マヤがこっぴどくフラれたとしても。間違っても速水さんは、このことを周囲に口外はしないと思うんですよね。そこはやはり、芸能事務所の社長。女優のイメージを損なうかもしれないような暴露話は、慎むでしょう。

 そしてマヤも。失恋の傷はすぐに癒えると思うし、きっといつかまた、別の人を好きになれると思うのです。

 対して。もしマヤが速水さんにこれっぽっちも気持ちがない状況で愛を告げられたら。 告白されても迷惑で。それどころか、もし憎んでいる相手にそれを言われたら、周りにそれを言ってしまうかもしれない。

 若い女性の立場としたらね。あまり深く考えずに、気楽な気持ちで友達に話してしまう危険性があるわけで。

 「ごめんなさい。今までよくしていただいたことには感謝してますが、私には全くそんな気持ちはありません。私が阿古夜を演じたから、ですか? あれは全部、演技です。あなたが見たいといったから、お稽古を再現しただけなのに」

 「速水さん、私に告白してきたんだよ、びっくりしちゃった・・・」

 うわー。これは、速水さんうっかり動けないですね。

 マヤちゃんにこんなこと言われたあげく、周囲に噂が広まってしまったら。

 まずい、まずすぎます。個人的にも、社会的にも、厳しい。

 よっぽど、愛されているという自信がなければ。

 速水さんから告白、というのは無理ですね。伊豆の別荘で、マヤの魅力に負けて、理性が崩壊しちゃったら別ですけど。そうしたら、勢いでなんとかなるかもしれないけど。

 速水さんが動けないでいることを責めるのは、酷な気がするこの頃です。

別冊花とゆめ3月号『ガラスの仮面』美内すずえ 著 感想その2

 前回の続きです。

 別冊花とゆめ3月号『ガラスの仮面』美内すずえ 著の感想を書いています。ネタバレしていますので、未読の方はご注意ください。

 それにしても、豪華客船の甲板で見る朝日って、乗客ならみんな楽しみにしてると思うんですが。

 そんな中、抱き合ってるカップルって、迷惑すぎる(^^;

 マヤと真澄のカップルなので(しかも漫画だし)許せますけど、これ現実にあったら嫌だろうなあ。

>もうしばらく

>このままでいさせてくれ・・・

>たのむ・・・!

 このシーン、ちょっとホロリとしました。

 速水さん、今までこんなに真摯に、人に頼みごととかしたことあったのかなあ。

 あ、もちろん、秘書の水城さんにコーヒー頼んだりとかは別として(^^;

 本当にこれが欲しい、こうしたいって思って、それを頼んだこと、なかったんじゃないかなあと思うのです。それは子供の頃に、かなわないことを知ってしまったから。

 願って、がっかりすることを恐れるあまりに。

 誰かに何かを頼むことを、しないまま年を重ねたような。

 でもマヤと出会って、感情があふれだして。抱きしめたまま、初めて無防備に「このままでいさせてくれ」と弱さを見せた。マヤが拒まなくてよかったー。拒絶されたら、相当な傷になったと思います。

 そして、この号のクライマックス。

 それは、速水さんが伊豆の別荘にマヤを誘う場面です。

 誰の心にもある、特別な場所。

 そこへ行けば素直になれる、大切な場所。

 自分と昔からの部下(おそらく聖さん)以外は、誰も足を踏み入れたことのない秘密の場所。

 そんなところに「今度遊びにくるか?」だなんて、大胆な誘いですね。それだけマヤは、速水さんにとって大切な人なんだなあ。

 そして、言っちゃった後で冷や汗かいてる速水さんの表情が、なんともいえません。

 

 でも、本当に面白いというか興味深いのは、前回も書いたのですが、速水さんとマヤの心のすれ違いなんです。二人ともすごく可愛らしい。

>いいのか? おれひとりだぞ

>あたしもひとりで行きます

>いいのか・・・? 本当に・・・?

>はい・・・! 迷惑でなければ・・・

 マヤは、速水さんの気持ち、全然わかってないと思う。だからこそ、頬を染めながら慎重にお互いの真意を探りあう二人の初々しさが、強調されるのです。

 これ、たぶん速水さん的には、「パーティとかじゃないよ。ばあやがいて食事を用意してくれるとか、夏の林間学校とかでもないよ。そういう楽しいなにかを予想してるんだったらそれは違う。別荘には、君にとってなにか楽しい話題を提供してやれるわけでもない、つまらない俺がいるだけだよ。それでも君は、俺しかいないその別荘に来てくれるというの?」

 これくらいの気持ちだと思うんですよね。

 そしてもう一つ。

 マヤも二十歳を越えているので、大人な意味での覚悟はあるの?という気持ちも、少しあるのかなと。

 それに全く気付かない年齢というわけでもないので。

 

 だからこそ、本当に好きで、来てくれるの?という。

 そういう欲望さえ、「いいのか・・・?」という速水さんの表情をみると、そこにいるのは中学生くらいのまあくんにしか見えず。その欲望すら清いと感じてしまうんですよねえ。

 しかーし。

 マヤ、全くその意味に気付いてないと思う(^^;

 マヤは、単純に速水さんが別荘に招待してくれたのが、嬉しかったんじゃないでしょうかね。その別荘が、速水さんにとって大切なものだ、ということはわかってる。だからこそ、そんな特別の場所に招待してくれる気持ちは、間違いなく嬉しかったことでしょう。

 でも、それがイコール、速水さんの気持ちに気付いた、ということにはならないと思うんですよね。

 マヤの気持ちはこんな感じではないでしょうか。

 よかった、速水さん、私に心を開いてくれている。きっと、阿古夜の演技を喜んでくれたからだ。速水さんの大切な場所に、私も行ける。同じ景色を共有できる。

 どうしてだろう。今日の速水さんは不思議だ。とても脆くて、傷つきやすい目をしている。そしていつもよりずっと、本音で話してくれてる。

 私やっぱり速水さんが好き。たとえ速水さんが私を、商品である女優だから大事にしてくれるんだとしても、それでも構わない。私、速水さんが好き。

 たった一人で、速水さんしかいない別荘に行ってどうなるか。

 それが何を意味するのか。

 どうしてそこまで速水さんが葛藤しているのか。

 その辺、速水さんが思うほど、マヤはわかっていないと思います。

 それに気付かない速水さんが可愛い。

 そして、彼を一心に慕い続けるマヤが、可愛らしい。

 こうなると、波止場へ向かう桜小路君と紫織が、ただの邪魔者にしか見えませんね。

 桜小路君は、本来人気が出てもおかしくないキャラだと思うんですが、なんでこんなにうざったく感じてしまうのだろう(^^;

 いい人なんですけどね。

 普通に考えたら、マヤとお似合いなのは、大都芸能社長で11も年上の速水さんではなく。同年代で同じ職業の、桜小路君なわけで。

 マヤと速水さんの心のつながりなんて、目に見えるものではなくて。だから、それがわからない桜小路君が、マヤに近付くのは別に、二人に対して失礼でもなんでもない行為なんですけど。それでも。

 読者は感じてしまうのではないでしょうか。

 

 桜小路、空気読んでくれ、と。無理とは知りつつ。

 そして紫織さん。シオリー。

 あーもう、この人は逆に、絶対空気読んじゃうだろうね。

 下船のとき、誰より早く二人を見つけて、たとえ速水さんがどんな言葉を口にしたとしても。

 速水さんに浮かぶ表情、マヤが見せる表情。

 それこそ、勘がさえまくって、二人の心の交流を察知してしまうと思います。今以上に。嫉妬に狂ってしまうのでしょうか。

 欲しいものを、なんでも手に入れてきたであろう女王様。だからこそ、その初めての「宝物」に執着するのでしょう。

 自分は手に入れられない。でも、それを誰かが手にする、と思うから余計に。

 桜小路君は、すべてがわかれば身を引いてくれると思うのですが。シオリーはどこまでもかたくなになって、速水さんを追いかけそう。

 

 さて、4月号はどうなるのでしょうか。

 私はあまり雑誌は買わないのですが、このところガラスの仮面を読むためだけに、別冊花とゆめを買っています。続きが気になります。

別冊花とゆめ3月号『ガラスの仮面』美内すずえ 著 感想その1

 別冊花とゆめ3月号『ガラスの仮面』美内すずえ著を読みました。以下感想を書いていますが、ネタバレしていますので未読の方はご注意ください。

 感想、一言で表せば、うわーーーー!!! ですよ。

 心の中で、キャーキャー言いながら読み終えました。

 なぜなら、なぜなら、速水さんが可愛いすぎるから(笑)

 少年の日の、無防備な素顔をさらした速水さんがこんなにも可愛いなんて、読みながら自分の顔が赤くなるのを感じました。

 いいなあ、速水さん。ほんと、可愛い。

 30過ぎの、芸能プロの敏腕社長とは思えない不器用さ。だけどそれが、決して不快ではないのです。

 最近、ヒキタクニオ著 『ベリィ・タルト』や、新堂冬樹 著『女優仕掛人』を読んだばかりなので、よけいに・・・。

 特に『女優仕掛人』の方は、最初から描写がエグくて、読み終えると気分がどんより、でした。

 

 芸能界って、照明がキラキラ当たってとても華やかに見えるけれど、その分、光がもたらす影も深いというか。

 きれいに見える仕事ほど、裏にまわれば汚いものなんですよね。

 白鳥が、水面下で必死に足をバタバタさせているように。

 本は、誇張された部分ももちろんあるとは思うけど、それでもそこには淡々と描かれた真実があるんだろうなあと、そう感じさせるものでした。

 そんな芸能界で生きてきた芸能プロの社長なら、感情におぼれることなどないし、人の気持ちを斟酌などしないのでしょうが。速水さん。

 どうしてマヤの前では、ただの少年になってしまうんでしょう・・・って、それが恋なんでしょうね。

 冷徹で、血の通わない人物だったはずなのに、温かな血が通い始めたのはすべて、マヤに出会ったから?

 

 今月号、ほぼ、速水さんの心情だけで描かれてます。

 速水さん目線での、展開です。

 だからこそ、胸が苦しくなるような場面がいっぱい。

 暴漢に襲われた夜。朦朧とした意識の中で、速水さんは阿古夜のセリフに乗せた、マヤの愛の告白を聞きました。それが自分の夢だったのか確かめようと、船上でマヤに阿古夜を演じさせます。あの夜、自分が聞いたのと同じセリフを言わせるのですが、それをなんと2回も繰り返させます。

 ていうか、速水さん、そんなに自信がないのかと。笑ってしまうのと同時に、せつないなあって。

 マヤに憎まれてると思ってるからね。

 自分がマヤに嫌われている、という思いこみ。その呪縛は、そこまで重いものなのだなあと感じずにはいられません。

 何度確認したところで、百パーセントの確信など得られないわけです。

 自分を卑下している。

 そして、それだけ、マヤへの気持ちは真剣なんだと。

 結果、耳にした声の調子や抑揚から、あのときのことは夢ではないと知るのです。

 

>マヤがおれを・・・!?

>このおれを・・・!?

 賭けてもいいですが、このセリフの続きを言葉にするならば、「嫌ってはいなかったのか」、もしくは「看病してくれたのか」であり、決して「愛しているのか」にはならないでしょう。

 そこまで、ふみこんで考えてはいないと思います。

 マヤの愛情に対する確信は、この時点ではない。

 それ以降の対応を見てもわかるんですが、恐る恐る、マヤの様子を探っていますから。もう、痛々しいくらいに。

 愛されているという確信があれば、もっと堂々と話せていると思うので。

 演技の途中。

 マヤは速水さんがさっきまで着ていた背広の上着を、一真に見立てて抱きしめます。それを見ている、速水さんの心の声はこうです。

>おれは・・・

>そのとき どうしようもないくらい無防備な

>表情(かお)をしていたと思う・・・

 乙女な速水さん、ラブリーです(^^)

 同時に、速水さんがこんなにも子供に戻れたのは、無防備になれたのは、お母さんを亡くした少年時代から今に至るまで、この瞬間にしかなかったのだとそう思いました。

 そこに立っていたのは、速水真澄になる前の、藤村真澄。まあくんです。

 だって、誰も彼を守ってくれる人が、いなかったから。早く大人になるしか、なかった。体は子供でも、心は大人になるしかなかった。誰にも傷つけられないように、頑丈な鎧をつけて。力を身に付けるしかなかった。そうすることでしか、自分を守れなかった。

 でも好きな人ができて、その人の前では。鋼鉄の鎧もいつの間にか、消え失せてしまったのですね。愛しい気持ちが、鎧を跡形もなく溶かしてしまった。だから、呆然とマヤを見ていた。体裁を繕うこともできずに。

 そしてマヤの手が、頬に触れたとき。

 これ以上自分の気持ちを抑えることができず、マヤを抱きしめてしまいます。

>もういい・・・

>もう演らなくていい

>わかったから・・・

>もうわかったから・・・!

 一体何をだよ? と、読者なら誰もが想像をふくらませたと思いますが、私はこの続きのセリフがあるとしたら、「俺はどうしようもなく君が好きになってしまった・・・」だと思いますね。

 あの夜の真実がわかった、というよりも、自分の気持ちの深さに、自分が気付いてしまった、というか。

 コントロールできない感情があることを。感情が理性に負ける瞬間を。速水さんは知ったんだと思います。

 そして、もう全身全霊で認めざるを得ない。マヤが好きだし、その事実から目をそらすことはもう、できないんだって。

 そうでなければ、演技を中断させてマヤを抱きしめるなどという暴挙(^^;に出られるはずがありません。

 言い訳しようがない状態です。

 でも、ここで面白いのがマヤとの気持ちの対比。

 この号で、マヤは終始、きょとんとしている状況です。

 速水さんが自分に優しくしてくれる、抱きしめてくれる、それは嬉しいし照れるしドキドキしているのでしょうけれど、速水さんが抱いた恋愛感情には、ほぼ、無頓着というか気付いてないと思われます。

 マヤ的には、速水さん、私の演技に感動してくれたんだ。嬉しい。

 心中を察すれば、こんなところだと思います。

 よくやった!という賞賛のハグです。

 速水さんに褒められたんだ、という嬉しさはあっても、まさか彼がマヤへの激情に震えていることなど、知る由もないでしょう。

 この、すれ違う二人の心。描写がすごく面白いです。

 マヤは抱きしめられたものの、船上に朝日を見にきた人たちがいたため、人目を気にしてとっさに離れようとします。でも、速水さんは一層強い力でマヤを抱きしめ、こう言います。

>きみはイヤか?

>おれと噂になるのは・・・

>いいえ・・・!

>いいえ 速水さん・・・

 私、このとき二人は案外、互いの心境をわかっていないのではないかと思うのです。

 

 マヤにしてみれば、速水さんはただ単に紅天女の演技に感動して、自分を抱きしめているわけです。彼は自分自身の感情に酔っているのだろうと、そう思っています。我が道を行く、冷血鬼社長ですから(その奥底にある優しさもわかってはいますが)、人目を気にしない堂々としたところがあるんだと、そうとらえているのではないでしょうか。

 対して速水さんは、マヤの答えを。

 意地っ張りな彼女らしいと、思っているのではないかなあ。

 私、チビちゃんじゃありませんから。

 別に、速水さんと噂になったって、そんなことで動揺なんて、しませんから。

 もう大人なんですから。

 強気なマヤが、そんな気持ちで平静を装ったと、考えていたかもしれません。

 長文になりましたので、続きはまた後日・・・。

別冊花とゆめ1月号・2月号『ガラスの仮面』 美内すずえ 著

 別冊花とゆめ1月号、2月号で、『ガラスの仮面』を読みました。以下、感想を書いていますが、ネタバレしていますので未読の方はご注意ください。

 いやー、46巻の続きが気になりまして。

 ワンナイトクルーズ。

 真澄さんとマヤは2人きりで、どんな話をするんだろう。2人きりならもっと素直になって、いろんな誤解も解けるんだろうか、などなど、いろんなことを考えてしまいます。

 一応豪華客船という設定なので、1月号の表紙に描かれた真澄さまは正装しておりました。タキシード、よく似合うなあ。さすがです。この表紙に描かれた真澄さまは、真澄さまの名前にふさわしく凛々しいお姿で、間違ってもマヤの濡れ衣を、そのまま信じてしまうような迂闊なお方には見えず(^^;

 豪華客船の上。

 マヤにドレスをプレゼントして、美しく着飾った彼女とつかの間のデートを楽しむ・・・って、真澄さん、あなたどちらへ向かおうとしているんですか?

 諦めるはずじゃなかったのかなーと。

 そんなことしたら、余計、未練が残るんじゃないのかと。問い詰めたくなりますね。

 一緒にいればいるほど、好きになっちゃうだろうに。

 マスミンと一緒にいるマヤは、相変わらず全身で「あなたが好きです」ビームを発しているんですけど。マスミンは完全無視です。

 どうせ俺は憎まれているって、思ってるんだろうなあ。そろそろ、その憎まれてる設定に大きな矛盾が生じていること、敏腕社長なら気付かなきゃ。

 1月号は、マスミンとマヤがダンスして、それから星空を一緒に見ているところで終わったんですけど。私が好きなのは2月号の冒頭。

 マヤを部屋に連れて行くときの葛藤がね、いいのですよ。

 気持ちわかるなあ。

 黙りこくって、その沈黙をマヤが少し怖がる、その空気。

 いや、心配しなくても、マスミンは紳士なので大丈夫なんですけどもね。その冷静で理知的なマスミンの理性でさえも、危うくさせるくらいの情熱が、静かにマスミンの中で息づいているのかなあと思うとね。

 それくらい、好きになっちゃって。

 離れようとしてるのに、なんのめぐり合わせだか、2人きりのシチュエーション。

 マヤの手を引いて部屋へと急ぎながら、マスミンはなにを考えていたんだろう。

 部屋へ入ったマヤが、怖がったりしなければ。

 あのまま、部屋でいろいろ、2人で話したりしたのかなあと。

 スイートルームなんだし、寝室しかないわけじゃないなら、部屋を分けて寝ることも可能だったわけで。

 なにもマスミンが部屋をすべてマヤに譲り、ロビーで夜を過ごすこともなかったのになあと、一読者である私は、そんな感想を持ちました。

 紫織さんが用意したベッドに、ショックを受けて泣き出すマヤと。しなくてもいい言い訳を必死でしている真澄さまと。

 これが、惚れたもの同士でなくてどうするっていうシチュエーションですが、この2人だけは何故か、頑なに拒むんですよねえ。お互いがお互いを好きだという事実の、認識を。

 ツボは、マスミンが部屋の鍵を海に投げ捨てる場面でした。

 読んでてびっくり。

 エエーーー!!! それ、私物じゃないし。投げ捨てる必然性も全く感じなかった。部屋使わないのは使わないのでいいけど、だからって鍵を海に捨ててどうするんだと。

 マスミンにはそれだけ、厭わしかったのでしょうか。

 紫織さんが自分に向ける愛情が。

 そのねっとりと重い愛情が、マヤを泣かせたとわかっただけに余計、投げ捨てでもしなければ断ち切れないと、とっさに思ってしまったのでしょうか。

 態度で思いっきり宣言しちゃってますね。

 紫織さんのことは好きではないと。

 まあ、もろもろ考えれば無理もないですが。

 勝手にクルーズの部屋を手配したことは、マスミンの性格からして嬉しいことではなかったろうし。それにあの小切手。

 マヤに、手切れ金とばかりに小切手を渡したと知ったとき、そのやり方に吐き気がするほどの嫌悪感を、おぼえたのかもしれません。

 深窓の、なにも知らない純真なご令嬢がするような行為では、ありませんものね。

 それで、真澄さんは紫織さんとの別れを決断したのかもしれません。

 小切手破っちゃったし。

 穏便な解決、とはいかない予感がします。

 ただ、紫織さんと別れたからといって、マヤとの間が進展することはなさそうです。マスミン、一言も自分の本当の気持ちを口にしない。

 せめて船上でだけ、紅天女の演技の相手としてだけ、夢をみたいと思ったのかな。だから、紅天女の阿古夜を今ここで演じて欲しいと、マヤに頼んだのだろうか。

 3月号が待ち遠しいです。 

『ガラスの仮面』46巻 美内すずえ 著

 『ガラスの仮面』46巻を読みました。以下感想を書いていますが、ネタばれしていますので、未読の方はご注意ください。

 物語は、視力を失いつつある亜弓の、演技の特訓シーンから始まるのですが、私はあんまり亜弓さんの練習風景には興味がないです(^^;

 紅天女っていう究極の演目を演じるのには、亜弓さんでは無理ではないかと。

 亜弓さんは、魂のかたわれを失うことはないだろうから。

 やっぱり、真澄さん(マスミン)とマヤの結びつきあってこその、紅天女なんだと思います。もちろん、そこにすんなり行き着いたらドラマにならないので、強力なライバルとしての亜弓さんが存在しているんだろうけど。

 これ、マヤが演じることになるんだろうなあ、と、勝手に予測しております。そして、それと引き換えにマヤは、マスミンと引き裂かれるのかなあと。だからこそ、紅天女の阿古夜が、完成するというわけです。

 ・・・と、思っていましたが。

 そんな運命の二人、という設定を根本から揺るがすようなエピソードが、46巻にはありました。

 ウェディングドレス事件。

 マスミンの婚約者の紫織さん(シオリー)、マヤを真澄さんから引き離すために、罠を仕掛けます。

 ウェディングドレスの試着中に、マヤにジュースを持ってこさせ、よろけたふりをして倒れかかり、ジュースを白いドレスにこぼすのです。その傍で、呆然としているマヤ。手には空のグラスを持ったまま。傍目には、マヤがジュースをぶっかけたように見えます。

 そこにマスミン登場。

>いってみろ! 彼女になにをしたんだ・・・!?

 ブチギレモードです。

 あんまりです・・・。マヤもショックを受けて、うまく説明できないのに。マスミンらしくない。もっと冷静な人なはずなのに。なんで一方的にシオリーの肩を持つんだろう。

 あげくに、マヤが落としたバッグの中からシオリーの婚約指輪が転がり出たのを見て、マヤが嫌がらせで指輪をとったのだと思いこむんです。

 さすがにマヤはきっぱり否定しますが、(そりゃそうです、ウェディングドレスが汚れた事件はまだしも、指輪の盗難まで疑われたら、必死で身の潔白を訴えますよね。呆然としてる場合じゃないし)

 しかーし。驚くべきは、マスミンの態度でした。

 目の前にマヤがいて、事情を説明しているのに、信じていないんです。マヤがシオリーに嫌がらせをしたと決め付け、こんなセリフをはきます。

>きみがおれを憎んでいるのは知っている

>それだけのことをおれはしたからな・・・!

>だったら俺を憎め!!

>俺のフィアンセは関係ないだろ・・・!!

 あ・・れ・・?

 なんか、マスミン性格変わっちゃってるし。

 こんなの、マスミンじゃありません(;;)

 これは・・・こんな真澄さんを見たくありませんでした。

 マヤがこの瞬間、マスミンを見限っても無理はないほど、ひどい対応だと思いました。

 恋愛って、信頼関係だと思うんですよね。

 人は・・・嘘をつきます。

 たとえば誰かと誰かを引き裂くために、平気で嘘をつく人も、いるわけです。どちらを信用するか、ということなんだと思います。

 愛した人を信じるのか。

 その人を糾弾する人を信じるのか。

 マスミンは、目の前にいるマヤの言葉を信じなかった。これは、ガラスの仮面の世界そのものが崩れてしまうほど、衝撃の展開ではなかったでしょうか。

 いくらその後で謝っても、償いきれないほどに。

 マスミンがマヤを心の底から思うのなら、どうして信じられなかったのか。

 なぜ紫織さんを信じ、マヤを疑ったのか。

 マヤには嫌われていると思いこんでいる・・・・そんなこと、説明になりません。だって、目の前にマヤがいて、そのマヤが自分の口で語っているのに。その言葉を信じない? そんなの、ひどすぎます・・・。

 これねー。マヤのことを、人づてに聞いて、それで疑うっていうのならわかるんですよ。

 マスミンの中にある強い思い、「俺は嫌われている」っていう確信が、どれほど彼を苦しめているかっていう、逆に言えば、マヤへの思いの熱さを読者に訴えかけるような、そういうエピソードにもなり得たと思う。

 でも、自分の目の前で、マヤがマヤ自身の言葉で語っていることを信じなかった。これじゃ、ただのヒドイ人、になってしまうと思います。

 

 この46巻には、マスミンがマヤをかばって暴漢に殴られ続ける、というシーンもあるんですが。これ、もしかしたらウェディングドレスや指輪エピソードで株を下げたマスミンが、名誉挽回するための設定だったのかもしれませんが、私はこれを見ても、フーン、としか思えませんでした。

 マスミン、相手が誰であっても、かばったと思うから。

 たとえば紫織さんが傍にいたら?

 ぜーったい、同じことを言って、同じようにかばっただろうなあ。

 それが、女性である限り。

 さすがに、聖さんとかだったら、ああいうふうに一方的に殴られ続けるというのはなかったと思うけど。

 相手が女性なら、やはりポリシー的なもので、そこは盾になったんじゃないかと。

 シオリー。

 シオリーにはあまり、腹も立たない。哀れだな、と思う。

 もちろん、実際自分がマヤの立場だったら、とんでもないことを仕掛けられて腹も立つだろうけど。

 傍から見てるとシオリーは、ピエロの役割でしかない。

 絶対勝てない相手に、ムキになって向かっていく。手に入れても幸せにはなれないものにむかって、泣き喚いて駄々をこねてる。

 

 それより、マスミンがマヤを信じなかったことが、私には衝撃でした。

 設定が破綻してしまう。

 だってそんなの、魂のかたわれなんかじゃないと思うし。

 他の誰が信じなくても。

 マスミン、あなただけは、マヤを信じるはずなのに。

 

 

 マスミンがマヤを信じてあげなかった。

 それどころか、マヤを罵倒した、という、大事件があった46巻。

 私の中で、真澄さまの評価はガタ落ちです(^^;

 好きだったんだけどなー。

 不器用なマスミンも、鈍感なマスミンも、みんなまとめて好きでしたけど。今後は少し、違った目で見ることになりそうです。

ガラスの仮面 46 (花とゆめCOMICS)
美内 すずえ
白泉社

『ガラスの仮面』45巻 美内すずえ 著

 『ガラスの仮面』45巻を読みました。以下感想を書いていますが、ネタばれしていますので、未読の方はご注意ください。

 待ってました45巻。う~ん、でもこの45巻は、盛り上がる場面が少なくてちょっと、物足りなかったかな・・・。

 この45巻の見所といえば、月影先生のところで、マヤと速水さん(マスミン)が偶然に会うシーンですね。

 例のごとく、お互いの気持ちには全然気付いていません。

 傍で見ている立場としては、非常にもどかしいです。

 マヤはまだ若いから仕方ないとしても、マスミンは設定だともう30代くらい?

 さすがに、もう大人なんだからマヤの気持ちに気付いてもいい頃あいだと思うのですが。

 だって、マヤったら思いっきり自分の気持ちを告白しちゃってるし。

 読んだ瞬間、エエーっとのけぞりましたよ。いいのかなあ、こんなに赤裸々に嫉妬とかしちゃって、と。

 だってバレバレなんですもん。

 紫織さんと婚約したマスミンに向かって、この言葉。

>速水さん おめでとうございます。

>さぞ満足でしょう

>すてきな「魂のかたわれ」に巡り会えて・・・

(中略)

>あなたみたいなひとに「紅天女」は渡さない・・・!

>ぜったいに・・・!

 上に引用したセリフは、マヤのものです。

 うーん、これ聞いて、???って思わないのかなあ、マスミン。

 しかも、このセリフの前に、

「魂のかたわれについて、月影先生に聞こうと思ってたけど、もういい。私には会えないとわかったから」

 みたいな内容なことを、思いっきりしゃべっちゃってるわけですよ。

 これって、裏を返せばこういうことですよね。

 私、あなたが魂のかたわれだと思ってました。

 でも、別の人と婚約してしまうなんて・・・。

 あなたでないなら、魂のかたわれなんてどこにもいない。

 実質、告白してるようなものじゃないですか。

 これ聞いて、おや?と思わないなんて、マスミン、本当に大都芸能の鬼社長なのかなあ(^^;

 人の心の機微とか、そういうの敏感じゃないとビジネスもうまくいかないと思うんですが。

 紫織さんと婚約→マヤ怒る

 この流れに、疑問を感じないのが不思議で仕方ありません。

 

 なんで俺が婚約したら、マヤが怒るんだ??

 しかもなんで、俺が婚約したら、マヤは魂のかたわれに会えないんだ?

 

 そう。答えは一つしかありませんよね。

 

 マヤはあなたを、マスミンこそ魂のかたわれだと思っていたのに・・・と。

 これに気付かないって、どんだけ嫌われてると思いこんでるんだろう。

 好きすぎて、周りが一切見えなくなってるんだろうか。

 マヤの(マスミンにとっては)理解不能な言動を、「俺はマヤに嫌われてるから」と、

それだけで解釈しちゃっている。

 もうね、なにがあっても、「俺は嫌われているから」って、いいかげんそのマイナス思考から抜けだした方がいいかも。

 私、思うのですが。

 もちろん、例外もあるとは思いますが、基本的に誰かを好きになったとき、たいていその誰かは、

 多少は好意をもってくれているんではないでしょうか。

 よく言いますよね。

 人との関係は、鏡のようなものだと。

 ああ、感じのいい人だな、好きだなと思えば、たいてい相手も同じようなことを思っていたり。

 ちょっと合わないな、なんとなく、居心地悪いなあと思えば、相手も同じように感じていたり。

 少なくともね。相手がものすごーく、心の底から自分のことを嫌っていたとして。

 嫌いというか、憎まれるレベルにまで達していたとして。

 その状況で、自分はその相手を、好きになったりするだろうか?という。

 たとえば、まったく向こうが自分のことを知らないとして。あるいは知っていても、全く興味がないとして。

 それなのに、自分はひそかに相手を好きになっていたとか、そういうのはありがちな話ですよね。

 典型的な片思いパターン。

 そういうのは、あると思います。

 でも自分を憎悪している相手に、いつのまにか恋していたとか、それはないなーと思うのです。

 マスミンがマヤを好きになったとき、マヤの心にあったのは恨みだけだったのか?

 私はそうは思わないです。

 きっと、表面上はどうあれ、マヤは無意識にでもマスミンを認めて、マスミンに惹かれていたんだと思う。

 それこそ、魂レベルでは最初から、マスミンが好きだった。

 だからこそ、マスミンもまた、マヤに引き寄せられていったのではないかと。

 

 だからマスミン、安心していいんだよ、ってこんなところで私が力説しても、虚しいですが(^^;

 最後はどうなるんだろう、この二人。ハッピーエンドになってくれるといいなあと思いました。

ガラスの仮面 45 (花とゆめCOMICS)
美内 すずえ
白泉社

『ガラスの仮面』44巻 美内すずえ著

 『ガラスの仮面』44巻を読みました。以下感想を書いていますが、ネタばれしていますので、未読の方はご注意ください。

 43巻の発売から1年も経っていないハイペースでの出版。張り切って本屋さんに飛び込み、大量に平積みされた44巻の1冊を手にして、お会計の後、ウキウキで店を出ました。一気に読み終えて一言。

 桜小路くん。きっとどんなに待っても、マヤはあなたのことを好きにはならないと思う。たぶん(^^;

 一方、ますます輝きを増す真澄さまでありました。悩む姿がまた、なんとも。マヤとマスミンはどっちも積極的に動かないので、話がちっとも進まないのがちと、アレですが。

 いつになったら完結するのかなー。紅天女、マヤと亜弓さんの差は、ますます広がってきたような。もちろん、亜弓さんは素敵な女優さんではありますが、マヤは紅天女を演じるために生まれてきたようなもので、それと勝負しなくてはならないのは、あまりにもハンデがありすぎ、と思いました。まあ、物語としてはライバルがいなくては盛り上がらないので、亜弓さんがいなければつまらないことになってしまうんですが。

 でも、やっぱり紅天女はマヤでしょう、と改めて思いました。

 いやいや、でも44巻で読者にそう思わせているということは、またこれからも一波乱、二波乱、十波乱くらいあるのでしょうか。

 

 マスミンとマヤは、やっぱり似てるんですよね。感性というか、センスが同じで、一緒にいても無理を感じない。もうこれは、二人が二人以外と結婚したら、絶対後悔するだろうなと思いつつ、読んでました。

 二人とも、あれこれ理由をつけては、この想いは叶わないと決めつけてますが。いやいや、その気持ちを押し殺して別の人と結婚したら、それこそ一生、苦しみ続けるわけで。

 お互いに好きなのに、ここまで鈍感というか、両思いなのに気付かないのはもう、読んでてもどかしいですね。

 漫画の中で眺望抜群の社長室が出てくるたび、なんとなく、日比谷の某ビルを思い浮かべてしまいます。あそこがモデルなのかなあって。

 大都芸能って、私のイメージだと東宝なんですよねえ。

 ということは、マスミンは松岡修造さん・・・いや、松岡さんだとちょっと熱すぎるから違うか。

マスミンは熱いとはいっても、限りなく氷点下に近い、蒼い炎って感じですね。静か~に、でも、仕事やマヤにかけるエネルギーは、半端ないです。

 紫織さんは、マスミンのことを好きなのはわかるけど。もう諦めたほうがいいと思う。

 だって、人を好きになるのって、理屈じゃないもんね。マスミンのマヤへの想いは、もう他人がどうにかできる域を超えちゃってるから。こっちを振り向かせようとすればするほど、きっとマスミンは紫織さんを嫌いになっちゃうというか、うざったく感じるはず。

 そこがドラマといえばドラマなのですが、別荘での紫織さんは、愚かでしたねえ。

 こういうの、本当に理解できないです。

 自分に気持ちがない人に、どうして執着するんだろうって。だって、他の人を好きなのがはっきりわかったのに、どうして?って。

 それで結婚して幸せになれるわけがない。どっちもつらい思いをするだけなのになあって。意地? 片思いでも恋は恋ってこと? 

 私が紫織さんなら、別荘へ行った後、マスミンへの気持ちは冷めてしまうと思う。動揺もするし、悲しくなって泣くだろうけど、でも、諦めがつくなあ。

 そうですか・・・・よくわかりましたって、納得する。よくわからない人を好きになって、その人は自分に理解できない世界を持っていて、だからよけいに、その人は魅力的で。

 でもその人が、その「よくわからない世界」を共有できる人をみつけたなら、それはよかったねえとも思うし、その人にはかなわないって思うだろうなあ。努力以前に、自然にわかりあえるって、無敵だもんね。

 紫織さんには紫織さんの、固有の世界を共有できる人が、きっといるんだから。それこそ、その世界は、きっとマヤにもマスミンにも理解できないものなんだから、と言ってあげたいです。

 私は大和和紀さんの『はいからさんが通る』という漫画も大好きなのですが、ガラスの仮面と、関係性が似ている部分があるなあと思っていました。伊集院忍(少尉)はマスミン、ラリサは紫織さん。どちらも、決して悪い人じゃないんですけど、がんじがらめの状況で、どうにもならなくなってしまうのがせつないです。

 思いやりとか、無理やりの諦めとか、ここまできたら引き下がれないとか、絶対に恋とは違う次元での、愛情とか。

 ラリサの下した決断。果たして、紫織さんも同じような決断をするんだろうか。登場人物たちを結びつける糸は、ますますもつれて目が離せません。

 45巻の発売が、楽しみです。

 

ガラスの仮面 44 (花とゆめCOMICS)
美内 すずえ
白泉社

このアイテムの詳細を見る

『ガラスの仮面43巻』美内すずえ

 ついに『ガラスの仮面』43巻が発売された。42巻の発売から、実に4年・・・。長い、長すぎます。このペースで続けたら最終巻はいつになるのだろうか、と心配になってしまいますよ。未完で終わることだけは避けてほしいな。

 最終巻がたとえどんな結末であっても、その結果を見届けたい気持ちでいっぱいです。ラストシーンはいつ、拝めるのだろうか(^^;

 以下、43巻の感想を書いていますが、思いきりネタバレしていますので、未見の方はご注意ください。

 

 正直、42巻を読んだときほどのインパクトはなかったかな~と思います。ものすごくドラマチックな出来事があるわけではなく、淡々と終わったような感じ。相変わらず、マヤは紅天女をどう演じるか悩んでいて、その話がメイン。合間に、真澄さま(マスミン)との萌えエピソードあり、桜小路くんとのほんわかエピソードあり。

 

 桜小路くんとのエピソードは、昭和臭を感じてしまいました。ペアのいるかネックレス。42巻のときは微笑ましく読んだのだけれど、43巻ではいささか、ひっぱりすぎのような気がしました。

 桜小路くんの気持ちがよくわからないです。

 「待つよ」って、待てるものなのだろうか? 私だったら、他の人に心ひかれて、その人を忘れられなくて返事をためらう人を、待つことなんてできないなあ。告白した時点で駄目なら、無理なのでは? と思うのです。

 待つのはつらいけど、それでも待たずにはいられないほど、マヤが好きなんだろうか。でもマヤと桜小路くんは、わかりあえないような気がする。

 実際つきあったら、桜小路くんの方があっさり飽きてしまいそうな・・・。やっぱりマヤの運命の相手は、マスミンしかいないでしょう、うん。マスミンとマヤは似ているところがたくさんあるし、一緒になってもうまくいきそうな気がする。ほのぼの新婚生活が想像できてしまいます。

 43巻のマスミンで一番心に残ったのは、婚約者の紫織さんが紫のバラを選んだときに、「その花だけはダメだ」と、それを許さなかったところですかね。もう無意識に真顔になっちゃって、いつも紫織さんに見せていた営業用の笑顔なんてあっという間に崩れ落ちちゃった。平静を失い、素を見せてる。仕事の鬼とは思えない、もろさを露呈しちゃいましたね。

 私はその瞬間、思わずマスミンにツッコミを入れてました。だって、マスミン、「夢は捨てました」とか言ってたくせに、全然マヤのことを忘れてない。

 マスミン、世間の人はそれを、「未練」と呼ぶのですよ・・・(^^;

 おれには関係ないだの、願い事は叶わないだの、諦めたふりをしてみせても、バレバレです。無意識でマヤを想ってしまうのは仕方のないことだとしても、不審げな紫織さんになぜ、「いいですよ」と言ってあげなかったんだろう。本当にマヤを諦め、影から支える決意をしたなら、それができるはず。

 「ははは。紫のバラとは珍しい。紫織さんにはよく似合いますよ。ここにあるのは全部買いましょう。これが気に入ったのなら、注文してまた、お家の方へも届けさせますよ」そこまで言いきって、でも青ざめてるマスミンが見たい・・・かも。

 マヤを本当に諦めてしまうなら、決して成就しないとわかっているなら、それくらいやらなきゃ見抜かれます。紫織さんに紫のバラをあげなかったのは、「これはマヤだけのものだ!!」という強烈な意識があるんでしょうね。それを隠して結婚しても、うまくいかないと思う。

 偽りの結婚をしても、マスミンの苦悩は深まるばかりで、紫織さんはすぐに、その理由を知ってしまうでしょう。

 ちなみに43巻の笑いのツボは、聖さんでした。花屋さんになって、マヤに紫のバラを届けるという。聖さんが花屋さんになる必要性、あったんでしょうか・・・。普通に注文すれば済むわけですしね。あえて直接届けるのは何故なのだろうか?

 マスミンがどんな顔をして聖さんに命じたのか、それを考えると笑ってしまいます。大事な人に届けるバラだからこそ、そんじょそこらの店には頼めないと思ったんでしょうか?それとも機会さえあれば、聖さんがマヤからメッセージをもらってきてくれるのではという、期待があったから?

 マヤからのメッセージをもらってこいだなんて、実際口にはしないだろうけど、マスミンは心の中で、聖さんに厳命していたんだろうか。そしてバラの配送を頼まれた聖さんは心の中で、「またこんな仕事かよ。そういうのはお店に任せとけっちゅーの」なんて毒づいてたりしたんだろうか。想像はふくらみます。

 聖さん、有能そうな人なのに。マスミンから頼まれる仕事って、マヤの隠し撮りだったり、ストーカーちっくなものが多くて気の毒。

 細い、表には出せない隠れたつながりであっても。紫のバラの人として、マスミンはマヤの心に生き続けたいのですね。

 桜小路くんとマヤの楽しそうな様子に、嫉妬するマスミンの姿が印象的でした。

 44巻が出るのはまた、4年後になるのでしょうか。楽しみに待ちます。

ガラスの仮面 43 (花とゆめCOMICS)
美内 すずえ
白泉社

このアイテムの詳細を見る

ガラスの仮面42巻

 ついにガラスの仮面42巻が発売された。著者が宗教活動に力を入れていて、なかなか新刊が発売されなかったという噂である。

 以下、ネタばれありです。ご注意ください。

 よかった~。読みながら、顔がにやけてしまいました。すごくよくできてると思う。42巻のメインは、マスミン(速水真澄)と優、そしてマヤの三角関係なのですが、心理描写がとても丁寧で、うんうんとうなずきながら読んだり、また、泣きそうになったりしてしまいました。

 もう、こうなったら紅天女を誰が演じるかということより、マスミンとマヤの恋の行方が気になって仕方ありません。あの2人は、ハッピーエンドを迎えられるのだろうか?

 マスミンは大都芸能の社長ですが、11も年下のマヤのことが好きで、心をかき乱されていく様はなんというか、少年のようです。マヤと優が親しくしている写真を見て、嫉妬のあまりコーヒーカップを写真ごと払いのけてしまう最後のシーン。

 だ、大丈夫ですか? という感じでした。あんなんで仕事になるんでしょうか?がんばれマスミン。でもタバコはやめてね。体に悪いし、周りにも迷惑だから。

 優は・・・・ちょっと見直した。いい奴じゃありませんか。マヤを好きで、マヤのためにあれこれと考えをめぐらせて、マヤの笑顔に心癒される。ペアのイルカのネックレスを、ひそかに身につけてるシーンにはぐっときました。

 マヤの心に負担をかけないよう、そっと静かに見守っているんですね。

 それにしても、今回はマスミンの嫉妬ぶりがすごかった。マヤと優のことが気になってしょうがないという感じです。報告する聖も大変。ちょっとストーカー入っちゃってるくらい、優との仲を念入りに調べ上げて。今までのイメージだとクールな人、という感じだったのですが、わりと現場で率先して働く人だったんですね。でも、ちょっと可哀想だったな。優の携帯電話を調べるような仕事より、もっと他にやることがあるだろうと思ったので。

 マヤは、紫のバラの人への恋心が強すぎて、芝居ができなくなってしまうところがせつなかったです。心のすべてがマスミンで占められていって、ただ泣くしかないというところ。わかるような気がする。そういう時期ってあるものねえ。ましてマヤの場合、絶対成就しないとわかっている気持ちだから、よけい、気持ちの持って行き場がないのよね。

 42巻の最後、川に落ちたマヤを助けようとしたマスミン、優に先を越されます。あげく、マヤを助けて戻ってきた優の首に光る、イルカのネックレスを目撃。うなだれるところがぐっときました。もう、手も足もでないという感じで、完全に敗北状態。

 年齢からいっても、マヤは優のほうがお似合いですし。マスミン、マヤには嫌われていると思いこんでいますから、「マヤを愛する、マヤにお似合いの男」の前には、もうすごすごと立ち去るしかない。

 やっぱり、マスミンは素敵です。前から思ってましたが、すごくかっこいいと思う。外見だけじゃなくて、不器用なところも、鈍いところも、純情なところも、誠実なところも。マヤには憎まれ口をたたくけれど、裏に回ればいつもマヤを助け、影のように支えている。

 自分を抑えられず、コーヒーカップを叩き落したあと、どうやって平常心に戻るんだろうと心配になってしまいます。マスミンは、マヤと結ばれなかったら、狂ってしまうんじゃないでしょうか。マヤと出会わなければ、孤独に気が付くこともなかったのに。

 早く43巻が読みたいです。

ガラスの仮面 (第42巻) (花とゆめCOMICS)
美内 すずえ
白泉社

このアイテムの詳細を見る